The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
空港でのハプニング
ナッシュビルからシカゴ経由で日本に来ました. ユナイテッドをつかうのですが、どうもここのところわたしの経験にはみそをつけてくれているユナイテッド.さて、今回はというと... 搭乗の2時間前にカウンターへ行くと、 「シカゴ行きのビンが機械系統の故障で遅れているわね.乗り継ぎの時間がきついかも.ちょっと待って、アメリカンに聞いてみるから。」 とあれよあれよという間に、わたしの予約を変更してくれて、アメリカンのカウンターに行くように言われました.それがアメリカンの搭乗時間の50分前。ちょっと冷や汗。びっくり アメリカンエアラインのカウンターでもういちどパスポートを見せて、それからセキュリティーのラインへ。それまで短かったラインがいつの間にやらどんどん伸びています. すると前のほうで、「ドスン」という音。 「え? 何?」と見るとかなり体重が重そうな女性がうつぶせに倒れています。セキュリテイーの機能は一時停止。 「ほら、場所をあけて」という声。そりゃ、一大事だ.でも、飛行機は待っていてくれない. 時間は大丈夫かいなと、ドキドキしながらセキュリティーのチェックポイントへ.するとおじさん、 「SSSSのマークがボーディングパスについているからちょっと横によけて待っていなさい」 「おい、私の乗る飛行機はあと30分で飛び立ってしまうのだけれど」悲しい 女性が近づいてきて、 「私といっしょにセキュリテイーを通って。」と、有無も言わさない調子. セキュリテイーを通ると脇の椅子に座らされ、彼女は私のパソコンやら携帯やらハンドバッグの中をクエック。時間はどんどん過ぎていきます.冷や汗 私の体もパッティングして、やっと彼女は私を解放してくれました.あわてて荷物を取りまとめゲートへ大急ぎ.すると聞こえてくるではありませんか。 「シカゴ行きのアメリカン○○便、ファイナルボーディングです。」 息せき切って飛行機の中へ飛び込んだけれど、疲れたー。安全は大切だけれど、ドキドキは体の安全によくないです。
スポンサーサイト
- | 06:17 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/891
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.