The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
Virginia Tech でのシューティング
アメリカの大学でシューティングがあり30数名がなくなったというニュースが流れています。次男がこの大学に興味を示したので私たち家族も訪れたことがありますし、合格通知も届いています。(結局別の大学を次男は選びましたが)

しかしだからといってVirginia Tech が危険な場所にある大学かというかとそうではありませんし、大学生だってほかの大学と別に違うわけではないと思います。たまたまこの大学で起こった悲劇と思ったほうがよいのでしょうね。この大学が危険で、ほかの大学が安全なんていうことはいえません。

長男が通っている大学だって次男がこれから通うであろう大学だってVirginia Techと同じようにオープンキャンパスですからどこから誰が入ろうと誰も気にも留めませんし、とめることもありません。それがアメリカの大学の特長ともいえますからね。もちろん寮に入るためには学生が鍵を持っていますから、部外者は入ることはできません。誰かについて入ってしまうことはできるかもしれませんが。

アメリカの公立の高校では警官が常時パトロールしていたり、入るところに空港のセキュリティーにあるような金属探知機がありそこを必ず学生も教師も通ることが義務付けられている場所もあります。これからはアメリカの大学もそうなるのでしょうか?

「アメリカの大学は安全か?」というトピックがこれからあちらこちらのテレビ局で取り上げられるかと思います。まだ犯人の動機もわかっていませんし、犯人像もはっきりしていません。たまたま大学で起こったことなのか、どこでも起こりえたことなのかわからないうちにこのような話し合いにジャンプしてしまってよいものか、とは思います。

それよりも、これだけの人を一度に殺せてしまう武器が誰の手にでも入ってしまうことのほうを話し合うほうが先だと思うのですが、前にも記事にしたように政治家たちと密接につながっているロビイストが銃製造の会社を訴えることを禁止する法案を通しているので、これだけの悲劇が起きてもそれを阻止するように銃の製造をとめることはできません。

銃がたまたま悪い人の手にはいったというのが彼らの論議ですからね。銃を作る側は悪くないそうです。それもおかしいですよね。もしかしたらそういう法案を作って議会を通したロビイストたちを私たちは訴えなくてはならないのかもしれません。そうでもしないと、銃が簡単に手に入るという事実はいつまでたっても変わらないのですからね。

Virginia Tech でお子さんをなくしたご両親たちのことを考えると心が沈みます。そしてアメリカのほかの大学に子供を送っている両親たちと同じように私も自分の子供たちのことがとても心配です。しかし、それでは大学に行くことが危険かというとほかのどこの場所よりも危険というわけではないと思います。ただ、こういう悲しいことが2度と起こらないように祈るだけです。

ブッシュ大統領も弔意を示す言葉を話すだけではなくてこういう犯罪を減らすことができるような法案を考えるとか行動で示してほしいと思っているのは私だけではないと思います。

Please click!
スポンサーサイト
- | 06:48 | - | -
コメント
from: Lisa   2007/04/17 8:46 PM
himeさん、おはようございます。

ショックな事件です。
朝のニュースでは寮に住んでいたアジア系の
若者が犯人と思われると言っており、
同じアジア系としてそれもショックでした。
何となくこういう事件を起こすのは違う人と
ステレオタイプしていた自分を見ました。

大学は自由だからこそ、若者が楽しくクリエイティブにすごすことができるのにとても残念です。

2件の事件が連続して起こったことから、たぶん焦点はどうして早めに学校をロックダウンしなかったかということになり、銃問題は語られないのでしょう。
でもアジア系の若者まで簡単に銃を手に入れる時代になったとは。考えさせられます。

そちらはまだ寒いですか。こちらは昨日嵐とともに雪が降りました。
from: とまる   2007/04/18 10:29 AM
今朝のワイドショー番組で見ました
8歳の時からアメリカに移住してる韓国人の学生が起こした事件のようですね
グリーンカードを持っていることで銃を買えたそうですが・・・
これが、銃でなかったら、被害はこんなに大きくならなかったでしょうね
日本でも長崎の市長が暴力団関係の人に銃で殺害されましたし、和歌山の女性も義理の兄に銃でうたれて意識不明の重体だとかって報道されてましたが・・・
もう、驚きの連続です
from: hime   2007/04/18 10:50 AM
Lisaさん、こんばんは。

少しずつガンコントロールの話も出てきているみたいですね。それに、大学を訴えるという話も耳にしました。しかし、朝のニュースでもとFBIの人が言っていましたが、どこかで殺人事件があったからといってほかの事件がおきることを想定してその近所をロックダウンすることは無理ですよね。そのたびにロックダウンしていたら人々の生活は成り立ちませんし、大学の広さを考えるとどこまでできたのかは疑問です。

それよりも、やはり問題を持っている学生は必ずどこかでシグナルを送っているといいますから、それを早めに回りが察知すること、話を聞くことなのでしょうね…

それにしてもなくなった学生の親たちの心を考えると本当に悲しくなります。
from: hime   2007/04/18 10:52 AM
とまるさん、こんばんは。

なんか、私よりもよくご存知で驚きました。こちらでは犯人のことよりもまだキャンパスにいる大学生の言葉、そして大学側の対処の仕方についてのニュースが多いので知りませんでした。

その辺が日本のニュースとアメリカのニュースの違いですね。犯人像はそのうちに明らかになるのでしょうが、あまり個人的なことを根掘り葉掘り報道はしないですね。

ガンコントロールについてもまた取り上げられているのでうれしくなっています。誰でもガンを手に入れることができるのはやはりどう考えてもおかしいですもの。
from: Lisa   2007/04/18 9:08 PM
himeさん、お返事有難うございます。

銃のことも少しずつ語られていて
良かったと思います。これが大きな世論になると
いいのですが。

半年ほど前近くのViranovaの大学で浮浪者と思われる人が一発ですが発砲したとき(誰も亡くなっていません)、すぐに(といっても何時間後かわかりませんが)周辺の学校施設がロックダウンされました。その対応の早さと徹底振りに感激しました。子供たちのいる学校は念には念をいれてそうしてもらいたいというのが親の気持ちでしょうね。

本当に大学にまで送っていた子供がこうしてなくなったら親は本当に辛いと思います。
from: hime   2007/04/22 9:41 AM
Lisaさん、こんばんは。
返事が遅くなりました。ごめんなさい。1週間デラウェアのほうに戻っていたもので遊びほうけていました。

誰もが、このような事件はどこでいつあってもおかしくないといっています。銃もそうですし、いじめをはじめとした根底にある問題をみていかないとダメなのでしょうね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/881
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.