The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
日本人対決って?
松阪投手がボストンレッドソックスで活躍する姿をときどきテレビで見ます。正直言って野球の人気は根強いものがあるものの、フットボール、バスケットボールに比べて人気が翳りがち。まぁ、フットボールに比べたらものすごく試合数が多いからその辺を考慮するとまた違った捉え方も出来そうですが…

きのうでしたっけ? ボストンレッドソックスとシアトルマリナーズが対戦するということで日本でもかなりのニュースになっていたのではないでしょうか? こちらでテレビを見ていたら急にアナウンサーが日本のNHKの放送を流してみようと言い出して、突然画面から日本語が聞こえてくるではありませんか。おどろきましたよ。

NHKのせいだったかあまり甲高い声もなく、嬌声もなかったのでちょっと胸をなでおろしたりしたわたしではありますが、この人気が翳り気味な野球に松坂選手が来たことで、さらに日本からの野球ファンがアメリカにやってくることが期待できるでしょうし、松阪効果、イチロー効果で地元に還元されるお金もかなりな額が予測できるでしょうからアメリカ側にとったら嬉しい話でしょう。

それにしてもなぜ、アメリカに来てまで「日本人対決」が騒がれるのでしょうね。別に松阪投手とイチロー選手が対決することが、他のアメリカ人のホームランバッターと対決することとどれだけ何が異なるのか教えてほしい… どうしてここまで来て「日本人」という囲みをつけるのかよくわからん。でも、きっとメキシコでもメキシコから来た投手とバッターが対決するとそういうニュースが盛り上がるのだろうな、と勝手に想像したりもしています。キューバとかもね。

逆にアメリカ人選手が日本の野球界でプレーしていても別にアメリカ側は何とも思わないというかこれといった反応は見られませんよね。よっぽど何か事件でも起こさない限り。この差はいったい何なのでしょう? やはりいまだに日本人にとってアメリカの野球界でプレーすると言うのはひのき舞台なのでしょうね。それならかえってアメリカ人と対等にプレーしている日本人が話題になってよいはずだと思うのに、アメリカに来てまで日本人同士のことで盛り上がるのはどうして…? それだけ話題性があるのか、アメリカ人プレーヤーのことはそこまで知られていないからか… うーん。

ナッシュビルには大リーグチームがないので、その辺の盛り上がりにはチト欠けるものがあります。アイスホッケーのプレデターズもあまりパッとしないし、人気のはずのフットボールチーム、タイタンズはパックマン・ジョーンズという人の不始末も絡んでなんかこの先不安が多いし… まぁ、いいか。

Please click!
スポンサーサイト
- | 13:21 | - | -
コメント
from: とまる   2007/04/13 1:42 PM
himeさんの、まぁいいかに大笑いしました
どこへ行っても活躍できるのは凄いことだと思いますが・・・思うだけです(笑)

うちの主人は阪神ファン(笑)なのですが、シーズンが始まると大変です
私は関わりたくないので、食事の用意だけしたら、ほったらかしておきます(笑)
from:   2007/04/16 11:48 AM
とまるさん、こんばんは。
野球にしても何にしても熱狂的なファンの人の近くにはあまり近寄らないようにしています(笑)

かくいう私もあるスポーツのあるチームの意外と熱狂的なファン。そのチームの試合はひとりで見るように心がけています。ほかの人に迷惑をかけたくないので…(笑)主人もその辺は心得ていて、勝ったら夕食がきちんと出てきて、負けるといい加減な食事なりかねないとわかっています。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/879
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.