The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
洗濯やさん
長いあいだホテルに泊まっていると困るのが洗濯物。小さなものは自分で洗濯できてもジーンズなどは手ごわくて洗うことはできません。旅行していて困るのが食事の次にこの洗濯物。リゾート地のホテルなどは洗濯機、ドライヤーを何台か設置しているところもありますが、何というか普通の都市のホテルではあまりそういう場所は多くありません。

たまった洗濯物に困りフロントで聞いてみたら大通りの向こう側にLaundromat (コインランドリーのようなもの)があると聞いてさっそく行って来ました。通りの向こう側といっても6車線道路を車がびゅんびゅん走っていますから歩いていくわけには行かず、面倒くさいと思いながら車で往復です。

Laundromat の前のサインには、「洗濯機、ドライヤー、たたむサービスもあります」と書いてありました。洗濯物を受付に持っていくと、おそらくその量によって料金は異なるのでしょうが、洗濯、乾燥、そしてたたんでくれるものと思われます。頼むつもりもなかったので値段を聞きませんでしたが、いったいいくらくらいかかるのかしら? カウンターの向こう側では女性が一人、所在無げに座っており、そのとなりに6歳くらいの男の子がハンバーガーとポテトを紙の上に広げて食べていました。

洗濯は1ドル75セント、そして乾燥機は5分間まわすのに25セント。だいたい40分くらいかかりますから2ドルくらいの目安となります。分厚いバスタオルなどを乾かそうとしたら1時間はかかるでしょうね。全部25セントのコインで支払いますから準備していかないといけないですね。洗剤は自分のものをもちろん使えますし、そこでも買うことができます。

車からたくさんの洗濯物を持って降りてくる数家族と出会いました。大きな洗濯機を3台使っての洗濯です。家族全員の1週間分なのかしら、雨が降ったりしたら来るのも面倒くさいだろうし、せっかく洗濯したものに雨が当たったら嫌だろうな。私だったら洗濯している間、乾燥機を回している間の約1時間ちょっと、ここで待っているのは気が重いかしらといろいろ想像してしまいました。

普段から洗濯機や乾燥機がある生活になれている私たちは洗濯機が壊れても友人の家の洗濯機を借りればすむことなので滅多にこういう光景に出会うことはありません。旅行先だからこそ見られる姿なのですよね。

洗濯物を洗濯機に入れるとき、洗濯機から乾燥機に移すとき、そして乾いた洗濯物を取りに行くときと3往復しなくてはなりませんでした。最後の洗濯物を取りに行ったときに、さっきカウンターの後ろに座っていた女性は山のような洗濯物をきれいにたたみ分けていました。子供のもの、もう少し大きい子供のもの、それから大人の洗濯物と3つの山を作りながら。

洗濯機が10数台、乾燥機が10台くらい、そして奥にはピンボールマシンが3台、また横の部屋には日焼け用の器具がおかれていました。洗濯をしている間にお肌をこんがりと、ということでしょうか?

Please click!
スポンサーサイト
- | 13:35 | - | -
コメント
from: とまる   2007/04/07 4:31 PM
家に洗濯機があることって有難いですよね
私も洗濯機が壊れた時は実家に洗濯しに行った事がありますが、車で実家まで10分ぐらいなのですけど、それでも面倒だなぁーって思いましたね
お疲れさまでした

減量の時は、こういうメニューにしてくれって注文してきます
レバニラいためとか豆腐や野菜の汁物とか・・・で、いちいちスケールでグラムを計るのですよ
そして、彼の大好きなメニューは出来るだけ作らないようにします
from: hime   2007/04/09 11:12 AM
とまるさん、今晩は。
毎日使っているものが壊れると本当に不便ですよ。

なるほど、スケールでグラム数を計るのが減量のコツかしら? (笑) 母の知恵と力ですね。好きなメニューを作らないというのはなるほどです。
from: Lisa   2007/04/09 9:10 PM
himeさんこんにちは。

カリフォルニアに居たときは洗濯機・乾燥機のついていないアパートがほとんどでしたし、アパート住まいだったので、(しかも赤ちゃんがいた)それはそれはたいへんでした。

洗濯機があいているのを確認して、それっと部屋に戻って抱えてくるとすでに誰かが使っていてというのが一番がっくりしました。時間も読まないといけないし(混んでいると勝手に出す人がいたり、ひどい人は乾ききっていないのに出したり)びっくりするほどどろどろのものを洗っている人の後には使いたくないし、とこのテーマでは山ほど語ることができそうです。

今は洗濯機と乾燥機のある家に住み、どれほど楽かわかりません。でもそれになれると、日本のような繊細な洗濯機が欲しいなと欲が出たり、きりがありませんね。

ところでそちらはさむいですか。早く暖かくなってほしいですね。
from: hime   2007/04/09 11:56 PM
Lisaさん、おはようございます。
急に冷え込んでなんか体調を崩しそうです。

わたしもテキサスに短期間すんでいたときに洗濯機がない生活を経験しました。その時はまだ主人と2人でしたしそれほど洗濯物もなかったのですが、雑誌持参ですいている時間をねらって洗濯をしに行った覚えがあります。時計とにらめっこしながら自分の洗濯機を見張っていないと、Lisaさんがおっしゃる通りに平気でその辺に乾いたものを投げ出したり、途中で自分のものを入れたりする自分勝手な人達がいたので、油断ができなかったんですよね。(笑)

子供の運動靴を普通の洗濯ものと一緒に洗っているのをみて唖然としたのも覚えていますよ。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/875
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.