The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
イラク戦争が与える傷
イラク戦争が始まってもう4年。戦場となっているイラクでの悲惨さはどれだけ言葉を尽くしても私たちには実感できないことだと思います。しかし、アメリカに残されたアメリカ兵士の家族も同じように辛い毎日を送っているようです。

派兵されている期間が長ければ長いほど、回数が多ければ多いほど家族が直面する問題が深刻になっていきます。夫(妻)が派兵されて長いとアメリカに残された片方が他の女性(男性)と関係を持ちそのまま離婚に至ってしまったり、逆にイラクに行っている片方が軍隊内の異性と関係を持ってしまうことも少なくありません。このようなことがなくてもイラクから戻ってきた兵士の精神状態はおそらく私たちとはまったく異なる次元にあるでしょうから、落ち込んだり、ふさぎ込んだり、寡黙になったりとそれがまた夫婦間に亀裂をもたらすことも多いのだそうです。

戦場で精神的なダメージを受けて帰ってきた兵士がアメリカに戻ってきたとたんに何かを充たすようにクレジットカードの限度額まで買い物をしてしまったり、気持ちを安定させるために飲み始めた薬に依存するケースも見られます。逆に、家に残った家族が夫(妻)のクレジットカードを使って買い物しそのまま姿を隠してしまい帰国した本人に多額の負債が残っていたこともあります。

子育てを一人ですることに精神的な不安、苦痛を感じている母親だって少なくありません。父親を知らずに育つ子供たちに食べさせ、おしめをかえ、お風呂に入れて寝付かせる毎日に疲れるのは無理もありません。

父親がイラクに派遣されて長いために子供たちも影響を受けています。戦争に行っている父親を心配するために精神的に不安定になり成績が落ちる、イライラした日が続く、ふさぎこむなどの症状を子供たちも表しています。子供にこのような症状が出たときに親はどこかに相談を持ち込みたいものですが、実際にイラク戦争に関与しているのはアメリカ国民のたったの1%。100人に一人ですから、自分の学校にイラクに派遣されている家族がいないことだって多いのです。そういうときには自分の気持ちをわかってくれる人は身近には見つけられないでしょう。

子供を戦場に送っている親たちの気持ちは考えるのが怖いくらいです。自分の子供2人のどちらかでも今戦地にいるとしたら毎日、毎日不安で不安でたまらない生活を送っていると思います。不安で気がくるっているかも… でも、そういう親たちがこの国には何百万人といるんですよ。

ベトナム戦争との大きな違いはドラフト制があったことだそうです。ドラフト制度があったためにアメリカ国民全員がベトナム戦争にかかわっている意識がありました。しかし今は、このような戦争が起こるとは思わずに兵隊になった人達もイラクに送られています。まさか実際に戦争に行くことはないだろうと思っていた家族、本人、も多いでしょうね。そういう人たちが実際の戦地に自分が、家族がいっているのですから心の準備ができていなかったといっても過言ではないと思います。そういう人たちを見守る施設、カウンセリングのシステムをもっとしっかりさせることが必要なようです。

ブッシュ大統領は派兵する兵士の数を増やすことを発表していますし、部隊によっては帰国の時期が延期されましたし、再派兵される時期が早まった部隊もあります。アメリカにいる期間が短ければ短いほど家族がそれまでに作ってしまった溝を埋められることなくまたイラクに出発することになるのです。抱えていた問題がますます深刻になっていく兵士の家族たち。愛国心と壊れていく家族の狭間に陥ってしまった人達の苦しみは当分解決しそうにありません。

Please click!
スポンサーサイト
- | 06:26 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/863
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.