The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ダブルスの練習。
今日は少しテニスの話をします。なんだかテニスにいっしょうけんめいな人たちに出会うことが多くて自分がテニスをすることに腰が引けています。毎日テニスコートに立っている人達、一日に2回のテニスなんてお手の物という人達。テニスをするからには勝たなくちゃならないととにかく勝つことが目的でテニスをしている人たちと離れてみているとおもしろいけれど、中に入るとすごそう。

ダブルスの動きをもう一度復習しないと足が衰えているせいかなかなか動けん、とクリニックをとることにしました。ダブルスのフォーメーションのクリニック。コーチが一人で生徒が6人。時間は1時間半。皆があまりバックハンドが得意ではないと見抜いたコーチはバックハンドの練習を中心に、ボレーやら前に2人でつめていくシナリオを考えた練習を作ってくれました。

しかし、どう考えてもテニスの初心者という人が中に一人。ダブルスのフォーメーションを練習する前に一応、ストロークとボレーを一通り確認してからダブルスに進んだ方がいいのでは、とつい思ってしまいました。上手になりたい気持ちはわかりますが、ストロークができなかったらダブルスも何も始まらない… 彼女にボールが行くとそこで練習が終わり。ネットをはさんでボールが行き来しないと何のためにダブルスのフォーメーションのクリニックをとっているのかよくわからないんですよ。

まぁ、自分のストローク、ボレーの確認になったし、ボールが続いたときにダブルスの動きができたからいいのですが、やはりこういうクリニックというのはレベルが違う人が入ってしまうとなかなか困ります。このままあと4週間、練習します。

練習をするときに自分がミスをすると悔しいし、「これはいけない」と思う前にネットの向こう側にたっている練習相手に「申し訳ない」と思え、と我が家の息子がコーチにいわれたことがあります。自分がミスをすることで相手が練習できるボールが1つ減るという意見なのです。日本らしい。といわれたときには思ったものの、よーく考えるとそのとおり。ボールをネットに引っ掛けて「あー、かけちゃった」とへらへら笑っている場合ではない。そのボールがちゃんと相手側のコートにはいれば相手側の人が練習ができているはず。それくらいスポーツをする人は考えないといけないのかな。

同じようなことは学校、塾、そのほかのクラスでも言えるでしょうね。自分が宿題をやってこないで人の足を引っ張ったり、クラスの進みを遅らせたら自分だけではなくてクラス全体の人に迷惑がかかっていることをちゃんとわかっていないといけないですよね。普段はおしゃべりしていて途端に何か説明されると「前にやったことがわからない」なんて平気でいう人、あきれます。集団で何かを練習したり勉強するときに基本的なエチケットですものね。自分のミスだけではすまないことをきちんと考えていないといけない。そう、宿題、復習は必ずやって行きましょうね。(なんて関係ないかしら?)

しかしテニスなどで考えすぎると練習にならないこともあります。私はバックハンドが練習したいけれど、ここでミスしたら練習にならないからフォアハンドに回り込んで打とうかしら、なんてね。とにかくボールが続かなかったクリニックでした。

Please click!
スポンサーサイト
- | 11:22 | - | -
コメント
from:   2007/02/23 9:48 PM
テニス頑張ってくださいね
私は考えただけで、呼吸困難になりそうです(笑)

運動は大切なので、犬の散歩で30分から1時間は歩くようにしているのですが・・・毎日1時間は出来てません
あとは、ストレッチなどを少々です(笑)

家のPCが故障中なので早く直るといいのですけど・・・
今、実家のPCから書いてます

今週は水曜日に「あなたになら言える秘密のこと」という映画を見てきました
実話ではありませんが、本当にこういうことがあったのではないかと思います
秘密はとても辛く重いものでした
映像はないのですけど、セリフ、表情から苦しいまでに伝わってきて涙が止まりませんでした
サラ・ポーリーとティム・ロビンスが出ています
from:   2007/02/23 10:10 PM
おはようございます。犬の散歩は犬にも人間にも良いですよね。そろそろ春めいてきたし、気持ちがいいです。

PCが壊れるとけっこうきついものがあります。人の連絡についPCに頼っているので…

その映画、オンラインでタイトルを調べてみます。私はこの間「Black Dahlia」を見たのですが、よくわかりませんでした。何を言いたいのか、どうしてこういう題材なのか…うーん、私には難しすぎたみたい。(笑)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/861
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.