The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
恥ずかしいことは誰にも言えない。
アメリカ人は1家庭あたり平均で約230万円の負債を抱えているといいます。クレジットカードの負債、大学の学費ローン、病気、事故などいろいろな原因が考えられますが、やはりクレジットカードの誘惑に負けてつい買い物をしすぎてしまったという人も多いようです。

クレジットカードの勧誘の手紙は毎日のように送られてきます。最初の数ヶ月は支払いをしなくても良いとか、低金利とか、前もって審査をする必要がないとかとにかく誘い言葉をたくみに私たちを誘おうとしています。他のクレジットカードの上限まで借り切っている人たちにとったらまるで救いの声のように聞こえるかもしれません。今回だけ新しいカードを作って上手に返済を始めようと心に決めながら同じようなことを繰り返している人を数えたら膨大な数に上るでしょう。

クレジット破産になるのが恥ずかしいためにこのように多数のカードを作りクレジットヒストリーが悪くなり毎月支払う最低限の支払い金額も払えない人達が、その気持ち、日常をブログに書いているそうです。間違っても親にいえない、友人にも言えない心のうちを不特定多数の人になら書けるのでしょうね。自分がどのようにしてクレジットカード負債を膨らませていったか、いったい今どれくらいの残高があるのか、そして支払いをするためにどのような努力をしているかなど事細かに書いているそうですよ。

両親に言わないのは怒られるとか、文句を言われるという気持ちもさることながら、自分を今まで応援してくれた両親をガッカリさせたくない、心配させたくないという気持ちが強いようです。また、友人にいえない理由は自分を相手に対して悪く見せたくないという自己防衛の気持ちが働くみたい。友人といえばそういうことも言えて相談できる人のことをいったような気もしないのではないのですが、そうではないらしい… 確かにかっこつけておきたいという付き合いもありますが、それでもどうしても自分のつらい実情を話したからといってそれで自分の価値が下がるような友人というのはやはり付き合いの短い、浅い友人ではないのかしら?

しかしブログなら自分の知らない人達だから自分の恥ずかしい部分も見せられるということらしいです。そこで毎日の出費の様子、何をいくら節約したのか、月々の返済の様子など細かに説明していくと、とりあえずブログの上で皆に約束したのだからそれを守らなくてはならないという気持ちになるのですって。中には、友人でもないブログの読者の人達にも義理を果たさなくてはならないように感じることもあるというのですからチョッとおもしろい。

また、ブログへのコメントで応援をしてくれる人、またそこまで負債を抱えることに対しての叱責、怒りの声などを書き込んでくる人もいるというので、まぁ、励みになったり反省したりと意外と便利なのかもしれませんね。

でもね、私はできるなら家族とかに借金がそこまで膨れ上がる前に相談する方が賢いと思うのですけれどね。なぜって? だって借金が膨れ上がればあがるほど利息がふえるわけだから私から見たらよけいな出費がかさむということ。そうなる前に何とか解決ができるように親とか信頼できる友人に相談して借金の総額が増えるのを防ぐのが絶対に正しいと思うのですよ。何だって被害が小さいときの処理の方がずっと簡単。虫歯だって早く歯医者に行けば歯を抜くこともありません。(関係ない?)

もっとも、親も子供からそういう相談を持ちかけられる関係を作り上げていかなくてはならないのですけれどね。逆に親が借金を作ったらどうなるのかしら? 子供に相談しに行くのかな…?

Please click!
スポンサーサイト
- | 10:18 | - | -
コメント
from: とまる   2007/02/19 1:31 PM
子供に相談だなんて・・・最後で爆笑してしまいました
そんな親にはなりたくないです(笑)

連帯保証人になってて・・・とか、病気で入退院を繰り返して収入が少なくて・・・とかいう理由での借金なら理解出来るのですけど、クレジットカードの誘惑でも何でも、買い物で借金が膨らむのは理解できませんね
自業自得で恥かしくて相談なんて出来ないでしょうね
from:   2007/02/19 11:05 PM
とまるさん、おはようございます。
それを聞いてお子さんたち、ホッとしているでしょう。(笑)

一人で悩むよりも誰か知識がある人に相談した方が絶対に事態は解決に向かうと思うんですけれどね。抱え込むことはよくないし、何もわからない人に相談してもあまりよい解決策が見つかるとは思えない…んですよ。クレジットカードなどの知識は子供が小さいときに教えておかないといけないですね。
from: Lisa   2007/02/19 11:10 PM
himeさん、おはようございます。

アメリカ人の借金の多くは大学の資金を自分で支払うことから始まると思うのですが、就職しての人生の出発を「負」から始めるのは厳しいように思います。まして20才の頃といえば流行の服やものに目が行く頃ですし。かといってアジア系のようにすべてが親掛かりでも子供はお金を払って勉強することの意味を感じられないかもしれないし(アメリカの大学はそうたやすくはないですが)難しいですよね。

あるいは貧困層のようにどんなに頑張ってもどうにもならない人たちもこの国にはたくさんいるし。

この国のお金と食の問題にいつも考えさせられます。
from: hime   2007/02/20 6:31 AM
Lisaさん、コメントありがとうございます。

そうですね。確かに「負」から就職生活を始めるのは大変でしょうね。しかしもう少し「入ってくるお金」と「出て行くお金」の計算がしっかりできたらそこまで負債がたまることはないのではないかな、と思います。「今月は仕方がないわ」が数ヶ月続いたらどうなるか、計算ができる知識も必要でしょうね。それまで我慢してきた人が急にクレジットカードを手に入れて欲しいものが買えるというsituation に身をおいてしまうのかなぁ。

いっしょうけんめい働いた結果得られるお金と払えるお金のバランスがどうしても取れないときにはやはり早いうちに誰かに相談するべきだと私は思います。(親であろうと、公共の機関であれです)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/860
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.