The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
愛国心ね。
アメリカ人に人気のNascar racing というのがあります。レースによってですが同じコースの中を200周なりまわって順位を争うものです。別にヘアピンカーブがあるわけでもないし街中を走るわけでもなく上から見たらモデルカーが出来上がったレーシングコースの中をくるくる回っているようなもの。どこがおもしろいの? という声も聞こえないわけではありませんが、ESPNで毎週レースの中継がありレース場は満員、チケットを手に入れるのも大変な場合もあり想像を超える人気を保っています。実は私も大ファンなのですが。

くるくるまわっている車を見るだけなのですがやはりそこはプロのドライバーたち、駆け引きは目を見張るものがありますし、チーム同士の戦術も見られてなかなかおもしろい。もっとも「ずる」をすることもまるで当たり前のように思われているようだからその「ずる」と「フェア」の境界線のぎりぎりの部分を上手に駆け抜けていく…

これまでこのNASCAR を走るのはアメリカ車ばかりでした。フォード、GM,クライスラーなどの車だけ。日本車、ヨーロッパ車は今まで走ることがありませんでした。ところが今年からTOYOTA がレースに参加することになり人々の反応はさまざまです。

「NASCAE はアメリカの車のレースだから他の国の車が走るのはどうかと思う。」

「別によいのではない? 私たちは車のレースを見て楽しむのだから。」

そうかと思うと「アメリカ車ではない車がこのレースに入ってくるのは愛国心にかけている」という意見も。どうしてここで「愛国心」という言葉が出てくるのかよくわかない、というのが私の気持ちなのですが…

今の自動車業界の業績の悪さ、そしてアメリカが過去のある時点まで自動車産業の中心であったことを考えるとその時代を生きていたアメリカ人がアメリカの伝統(?)のレースに日本車が参入していくことに抵抗があるのかもしれない。ノスタルジーからの反感とも思えるし、成功していくTOYOTA を認めたくないという気持ちがあるとしても仕方がないのかもしれない。

クライスラー社は人員削減、工場の閉鎖を発表しました。クライスラー者で働く人たちの将来への不安は言葉にならないものがあると思います。なぜ日本車が人気があるのか、どうしてアメリカ車は売れないのかを根本的に考えないとアメリカの自動車産業はこのまま衰退していくのでしょう。しかし、アメリカに工場を置いている日産、トヨタだってこの辺を研究しておかないとアメリカの自動車会社のあとを追っていくかもしれません。車のスタイル、機能、価格はもちろんですが、車を製造するのに携わっている人間について考えないとどんなに戦術が良くても「車」という製品を作るのは人間ですからね。製造過程でどこかでいい加減な作業がはいったり、何か中途半端なことをしたら結果の「車」に欠陥が出ることは明らかです。その辺、アメリカに工場を置く日本車の会社が持つ大きな課題なのでしょうね。

話がそれました。NASCAR と愛国心ですが、最後にキャスターの次のようなコメントで締められていました。

「TOYOTA の車はケンタッキーにある工場で100%製造されているから、アメリカ車のようなもの。それに比べてたとえばFord のFusionはFord車として走ってはいるけれどパーツから何から製造されているのはアメリカではなくてメキシコ…」

Please click!
スポンサーサイト
- | 00:05 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/859
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.