The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
クレジットカード
アメリカはクレジットカード天国(?) キャッシュがお財布の中にほとんどなくても困ることはありません。マクドナルドをはじめコーヒー一杯買うのだってクレジットカードでまったく問題ないのですから。こんなに小さい額なのに現金で買わないでカードなんて、と思う必要もなくカード一枚、運転免許書を持っていれば大きな財布など必要ない生活ができます。

しかし、クレジットカードにも落とし穴がたくさんありますよね。日本でカードで買い物をすると必ずといってよいほど、「一回払いでよろしいですか?」 という質問をされました。そういう質問はこちらではありません。カードの請求書が来たときにそのつきの支払い額の下に最小限度の支払額が出ています。その額さえ支払っていればカードはいつまでも普通につかえます。もちろん利息はどんどんたまっていきますけれどね。

その最小限度の支払いができないといわゆる罰金(penalty)を支払わなくてはなりません。

クレジットカード会社は顧客を増やそうとこの手あの手と勧誘します。デパートのカードなどは作った当日は何を買っても10%引きだとか、年に数回のお得意様セールの招待状が届くなど、いろいろな特典を打ち出します。スーパーのカードでは近所のガソリンスタンドと提携して1ガロンにつき数セント安くするサービスもしていますし、航空会社のカードは皆さんもご存知のように使った金額によってマイル数として計算されるサービスもあります。

日本のようにクレジットカードがつかないけれどポイントがつくといったカードはほとんどアメリカでは見られません。

また、気をつけなくてはいけないのは、この国にはクレジットカードスコアというものがあること。このスコアによってお金を借りたときの金利に差が出ますし、場合によってはクレジットカードスコアが悪い人はお金が借りられないなどという支障が出ます。支払いができずに滞納すればスコアはどんどん悪くなっていきますし、驚くなかれ、新しいクレジットカードを作ることでもスコアは落ちていきます。新しいカードでそれまでのカードの決済をする人が多いからかと推測されます。

デパートでそこのカードを持っていればバーゲン品でもさらに20%引き、なんていうサインを見ればついカードを作ってもいいかしらと思うのが買い物好きの人達…ですよね。しかし調子に乗ってカードを作るときちんと支払いをしていてもクレジットスコアは落ちてしまうので注意が必要。

学生にもクレジットカードの勧誘のダイレクトメールが送られてきます。あまり正しい知識もなくしてついカードに頼りカードの負債が膨れ上がり支払いが滞り、クレジットカードスコアが落ちてしまった人はスコアを立て直すのに時間はかかるしそれまでに使ってしまったお金は返済しなくてはならないし、と大変な思いをします。スコアが悪い人は他の人に比べて利息もかなり高く設定されるので返す金額が膨れ上がるという悪循環。

ということで実際にクレジットカードは持っていないという人結構います。持たないというよりも持てないといってほうが正しいかもしれないけれど。カードを持てないだけなら不便さを我慢すればいいけれど、クレジットスコアが悪いために家を買うためのローンが降りないとなるとかなり悲惨。車だって必要なのにローンが組めなかったら… 生活できません。

自分のクレジットスコアを一年に一度チェックすることも大切なのです。どれくらいのレイティングなのかを知ることももちろんですが、他の誰かが自分の名前を使って偽のクレジットカードを作りどこかで負債を作り上げていないかを確認するためでもあります。いつ個人情報が盗まれているかわかりませんからね。

ところがです。このクレジットスコアをチェックするときに必要なのがソーシャルセキュリティ番号といわれるアメリカ国民、合法的な移民が持っているいわゆる背番号。これを言うことで本人確認をするのでしょうが、この番号はとても大切な番号なのでよっぽど必要なとき以外は誰にも言いません。これが人の手に渡ればもうすぐに個人情報が盗まれたと思ったほうがよいくらいなのです。そこで、クレジットスコアをチェックするときもきちんとしたサイトであるかを確認してからソーシャルセキュリティ番号を渡さないと誰に自分の大切な番号を与えているかわからないということになってしまいます。

やっかいでしょう。自分の個人情報は自分で守らなくてはならないけれど、守るために調べたいときですら個人情報を守らなくてはならないというなんだか書いていてもこんぐらがって来ました…

次回はこのソーシャルセキュリティ番号について書いてみようかと思います。 

Please click!
スポンサーサイト
- | 11:30 | - | -
コメント
from: とまる   2007/01/19 1:19 PM
ご無沙汰しております
やっとこさ、1月の記事を読み終わりました(気合入ってますね)

クレジットカードは怖いですよね
私もポイントでお得な物とかで利用したりしますが、堅実に生きております(笑)

マフィンちゃんは落ち着きましたか?
おとなしくさせるなんて、無理ですよね

物を買わないの記事は良いことですよね
私も常々、気をつけています
でもhimeさんっておもしろい♪
マグカップは割れたら、息子さんが又プレゼントしてくれると思うので使いましょうよ
眠らせてる方が、もったいない気がしちゃいます
from: Lisa   2007/01/19 9:46 PM
himeさん、新しい仕事のコメントのお返事を有難うございました。資格を祝っていただいて嬉しかったです。

さてクレジットカード、新しいのを作ってもスコアが減るとは知りませんでした。私の周りのアメリカの人の同僚の一人はやはりどうしても支払いが回らない月があるらしく、先にクレジットスコアの会社に電話して、スコアが悪くないように根回し(何日までに払うとか、とにかく誠意を力説!)していて面白いです。
私たちはスコアの怖さを知らずに「うっかり」支払い忘れたりしないように気をつけなくてはいけませんね。

SSNの記事楽しみにしています。
from: hime   2007/01/19 10:37 PM
とまるさん、おはようございます。

マフィンを追い掛け回してなんか疲れてしまった日々があったのですが昨日抜糸も終わり、普段と同じ生活をさせても良い(彼女は普通に好き勝手をやっていたんですけれどね)といわれて気が抜けました。元気一杯です。あの人は。

まだ何も買っていませんよ。(笑) いずれにしてもあまり欲しいものはないのでね… みて楽しむこともあまりないかな。そうしてみると刺激がない生活です。窓から見た外の景色を見てホッとするのは好きですが。
from: hime   2007/01/19 10:40 PM
Lisaさん、おはようございます。

そうなんですよ。新しいクレジットカードを作るのは気をつけてくださいね。あんまり持っていても持ち歩くのも面倒くさいですから結局使うのはほんの1,2枚になりますし。

そうなんですって。支払いができないときには前もって連絡をしておけばその辺融通がきくそうですよ。その辺親切(?)というか逃げ道が少しあっていいですよね。

コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/842
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.