The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
新しい仕事につける?
New Year Resolutions という「今年の抱負」とでも言いましょうか、にとにかく多くみられるのがダイエット、エクササイズ、そしてbetter job という3つ。ダイエット、エクササイズはとりあえず自分がコントロールできることですが、最後のbetter jobは自分だけではどうにもならない… 

それが理由だけではないだろうけれどテレビで見かけるコマーシャルに次のようなものが多い…というのは私の錯覚かしら?

オンラインの大学、すでに会社に勤めている人達に向けて時間を調整したコースを前面に押し出す専門学校。

「このコースを取ってから新しい仕事につくことにできて人生が変わった」
「今までこの分野に興味を持っていたけれどこの学校に来たことでますます興味が深まった」
「今までは定職につけなかったけれどこれで将来が見えてきた」

もっと良い仕事につきたいと夢と希望を持っている人ならばすぐに飛びつきたくなるような宣伝文句です。もちろん費用、期間など細かなことは電話、オンラインで問い合わせてくださいという続きがありますが。いったん連絡を取ったらきっとしつこくしつこく電話やらダイレクトメールが送られてくるのでしょうが。

自分が持っている経験、実力を常に磨いていなくてはならないのは当たり前、といいながらつい普段の仕事、家庭のことで時間が一杯でなかなか自分を磨くことができないのが現実。同じようにもっと自分を向上させたいと思っている人がたくさんいる中で自分を今以上に高く売ることはけっして簡単なことではありませんよね。実力があるのは当たり前、そこに人脈、自分を上手にマーケットする技術だって要求されます。

生活費を稼ぐために2,3の仕事についている人が少なくないアメリカでは、貧困層に身を置いてしまうとそこからなかなか這い上がれないのが事実。お金、時間、能力のどれがかけても給料が良い仕事につくのはほとんど不可能ですから。そこに持ってきて企業側がコスト削減という名のもとにアウトソーシングしていますかが今まで会社側が支払っていた健康保険、年金ぶんなど自分が支払うことになります。

こうしてますます貧困層と富裕層の差が開いていくのがアメリカ。

それでは日本はどうなのかなと考えて、おそらくあまりアメリカとはあまり変わらない状況かな、と思いつつも少なくとも健康保険は国が賄ってくれている分、アメリカよりもその点では恵まれているとも感じます。でも実力を常に進化させていかなくてはならないのは同じ。では、そうしたいという意欲、それを続けていく意思をどれだけ自分の中で強いものにしておけるかというのはどちらの国であろうと個人の問題なので比べられません。

自分で努力もせずに現状に不満を持つことは自分にとってけっしてプラスでないことをわかっていないとダメですね。かといって努力は人に見えないものだから自分がしている努力がどれだけの努力なのかわからないことも多い。数字で結果が見える学校生活で努力をしていないとどのように努力をしたら良いのかわかないし、会社生活は自分がしたことが学期ごとに数字として現れないからよけい自分の努力が人一倍のものだったのか、努力が結果につながっているのかもなかなか把握できないケースが多いのではないでしょうかね。

新しい仕事に移るのは簡単。しかし今自分がしている仕事よりも良い仕事を見つけて働くことは実は自分が考えているほど楽じゃない。でも、不可能ではないのだからがんばれると自分に言い聞かせてがんばることですよ。不満につぶされないように気をつけて…

Please click!
スポンサーサイト
- | 10:03 | - | -
コメント
from: Lisa   2007/01/18 9:39 PM
こんにちは、himeさん。

日本でもホテル業界などがそうですが、アメリカは職場や仕事を変えることで(あるいはマネージャーになるか)お給料を上げていくのでなかなかたいへんですよね。

私も先日資格試験をひとつ受けたので、これでサラリーがまた少し上がります。こうした達成感が好きでアメリカにいるような気がしますが、でも一方、同僚の中では2つ仕事を持っている人が何人かいます。結婚していても片方が学校へ行き資格を上げようとしている場合が多いです。そんな人たちは睡眠もそこそこで本当にたいへんそう。でも頑張る彼らを見るのは励みになります。たくさんのものを持っているのに不満を言う人よりものし上がっていくべく頑張っている人の方が見ていて楽しく感じます。
from: hime   2007/01/18 11:20 PM
Lisaさん、おはようございます。

おめでとうございます。資格試験合格なさったんですね。すごい! がんばる仲間と一緒に前を向いて走れるって素晴らしいことですよね。楽しいですし。

ただ、記事の中にも書きましたが意欲を持ち続けることは本当に大変なこと。頑張りが必ずしも結果をもたらすことではないですしね…

私もまたがんばろうという意欲をいただいたような気がします。ありがとうございます。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/841
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.