The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
マフィンの手術
昨日、マフィンは避妊というのかしら、妊娠しないようにする手術を受けてきました。前日は8時以降は水以外は何も口にさせてはいけないとまるで人間のよう。朝は7時半から8時半の間につれてくるようにいわれていましたが、普段の朝ごはんが7時と7時半の間の彼女は7時半をすぎるころにはドッグフードの容器の前に座り機嫌が悪いこと悪いこと。

これは早いうちに獣医さんに連れて行ったほうが身のため、とすぐに出かけていきました。

2時過ぎに電話でマフィンの様子をきくようにいわれ電話をすると、手術はスムースに行きまだ麻酔で眠っているとのこと。4時半過ぎにならないと起きないだろうから迎えはその後に来るようにといわれました。

迎えに行くとまだ薬の影響が残っている彼女はまっすぐに歩けません。千鳥足とはこのことですよ。よろよろと歩いているし目はうつろ。手術のあとですから仕方がないんですよね。ここ数日間の注意を獣医さんに尋ねました。

「まず、階段の上り下りは絶対にダメ」(え、そんなこと言ったって階段を下りないと外にいけないし、私が2階や地下に行ったら必ずついてくるのに… うーん、困った。)

「それからソファに飛び乗るのもダメ」(困った、私たちがソファにいると必ずソファに飛び乗ってくるのに。自由に乗り降りしていた彼女にダメと言ってもきくわけがないし…

「飛んだりはねたりするのはやめさせて、今言ったことを気をつけなかったら傷口が開く可能性があります。」(それだけはやめて。飛んだりはねたりはそりゃやめさせたいけれど、嬉しいと飛んだりはねたりするのがマフィンの特徴だし…)

「眠くなる薬を出します。それから食欲はないでしょうから無理に食べさせないこと。まずは水から。そして少しずつ食べる量を増やすこと」などなどいろいろ言われて帰宅の途へ。

家につれて帰って水をあげても「いらない」少し寝たほうがいいだろうと、よっこいしょとソファの上に抱いて持ち上げ寝かせました。私が動くとついてきたがるので私もソファの一部に。トイレをさせるために外にまた抱きかかえて出しても足がよろよろして何もできずに芝生に座り込む有様。仕方なくまたなかに持ってきて、

「何か食べる?」 ときくとしっかり反応しました。

「食欲ないはずじゃなかったっけ…」と半信半疑でいつのも3分の1の量を多すぎるかなと思いながらもあげたら見事にきれいに食べてえさバチをなめるんですよ。水は飲みたがらないからスポイトで水を飲ませ、そのまままた抱えて寝る場所へ。

そして今朝。元気に起きてきましたよ。会社に出かける主人を追い掛けて階段を下りそうになるのを急いでとめなくてはなりませんでした。朝ごはんだっていつもと同じ分量しっかりためました。食欲がなくなるなんて我が家の一員には考えられないことかも。

とにかくマフィンを視界に入れておかなくては、とコーヒー、パソコン、メガネ、ノートと必要と思われるものをすべて持ってソファに行きました。マフィンは私の膝に頭を乗せて眠ってしまいます。と、そこで電話が鳴りましたが動くわけに行きません。

「電話を忘れた!」といまさら気がついても遅い。と、すぐに今度は携帯がなりだしました。でも取りに行こうとするとマフィンも一緒に降りてきてしまうので仕方がないマフィンを抱えて電話を取ってそのまま2階に行ってまだ眠っていた長男を起こしました。子犬とはいえ重いんですよ。20キロチョッと。これを抱えて2階に行くのは結構きつい。

長男がいてくれるときの手術でよかったと思っています。私1人ではとても彼女を一日中見ているのは無理な話。いったいみなはどうやっているのかしら? 小屋の中に入れているのかしら…

この手術をするのは悩みましたが、子宮がん、乳がんの危険性がほとんどなくなるといわれたこと、それと子犬を取ることの大変さを獣医さんに言われてから決心がつきました。こんな小さい子犬(身体は大きいけれど)を手術台に乗せることにためらいはありましたが、彼女のためと思うしかありませんでした。そう、ついでにマイクロチップも埋め込んでもらいました。海外に引っ越すとき、そして迷子犬になったときのために。


あと10日間、いかにして彼女を静かにさせておくかを考えると頭が痛くなってきます。

Please click!
スポンサーサイト
- | 03:52 | - | -
コメント
from: Lisa   2007/01/11 7:11 AM
himeさん、こんにちは。
マフィンちゃん大変でしたね。
でも犬の傷ってすごい速さで治るんですよね。
人間の速さと比べると、やはり野生に生きているのだと感心します。どうかお大事に!
from: hime   2007/01/14 10:02 AM
Lisaさん、こんにちは。
ありがとうございます。なんだかマフィンを追い掛け回していてこっちの方がぐったりしています。本人は普段と何も変わらないように過ごしていますからな。(笑)
ソファには上りたがるし他の犬を見つければはねまわるし… ふ〜。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/837
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.