The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
日本の総理大臣ならどうするのだろう?
パキスタンにオサマ・ビンラデンが隠れていると言う確固たる証拠がつかめたらブッシュ大統領はアメリカ軍を派遣すると言う意思を表明しました。もちろんムシャラフ大統領は両手をあげて受け入れるはずがありません。自分の国にテロリストがいたら自国の軍隊が探し出して法律で裁くといっています。

しかしパキスタンでは反アメリカ意識を持った民衆がデモをしていますし、大統領も暗殺の危険があることも察知しています。もし、政権がひっくり返されるようなことがあったらおそらくアメリカに保護してもらおうという気持ちがないわけではないでしょう。アメリカ側のいうことにも同意し、できるだけその意に沿うようにしたいという気持ち、そして一国の元首として国の民衆の声を無視するわけにもならないといったとても複雑な立場に置かれているようです。

アメリカは11月に大統領中間選挙を控えていますから、ブッシュ大統領もテロリストに対しては強い姿勢で望んでいる自分を国民に見せなくてはなりません。クリントン前大統領はフォックスニュースのインタビューで「アルカイダの追跡にどれだけ努力したか?」と言う質問に対して、「自分の政権時代には自分ができる限りのことはやってきたと思う。誰よりもオサマ・ビンラデンを追い詰めたとも思っている。僕にこういう質問をするけれど、君たちは今のブッシュ政権に2000年に起きた戦艦コールのテロリストアタック、また戦争反対のリチャード・クラークを退任させたことについての質問をしたことがあるか?」と怒りの反論を見せました。「強いアメリカ」の姿を国民に保っていなくてはならない大統領も大変ですね。

協力を求めるのはもちろんとしても、世論が反対しているよその国にアメリカ軍を派遣するというのはやはりやりすぎ、ますますアメリカという国の印象を悪くしていくような気が私はしています。オサマ・ビンラデンがパキスタンに隠れているという確信が持てた場合アメリカ軍のパキスタン派遣をアメリカ人のどれくらいの人が指示するのかとても興味があります。どこかでアンケートをとってくれないかしら…

もし、これが日本だったら日本の総理大臣はどう対処するのでしょうか? ポチになって「どうぞどうぞ」とアメリカ軍にきていただくのでしょうか? パキスタン、アフガニスタンの国境のような地形が日本にないし、オサマ・ビンラデンが日本に隠れることは可能性としてないでしょうが別のテロリストがこっそり日本に隠れたと想定したとき、日米関係はいったいどうなるのだろうかとふと思ってしまいました。

Please click!
スポンサーサイト
- | 23:09 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/773
突然のトラックバック失礼します。よろしければ派遣について情報交換しませんか?
派遣社員と派遣会社などなど… | 2006/10/03 9:51 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.