The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ホームランドセキュリティーと移民問題
これは私の気のせいでしょうか? 9/11の事件以来何かとニュースをにぎわせる移民問題。テロリストが中東の人ということで何も関係ない人たちが、アラブ系の顔をしているからというだけで人から差別を受けることも少なくない今日この頃です。それに加えて、ここの所とても移民問題にまた火がついているように思われます。場所的に中南米に近いことも理由なのかもしれません。

アメリカ人の心の中でどこかで移民の人たちとテロリズムが重なっているようです。実際の移民の数が増加していることもあるでしょうが、アメリカ人の移民に対する目がどうもここのところ違います。

ナッシュビルでは、犯罪を犯した人たちが違法移民の場合、犯罪の回数、重さにもよりますが連邦移民局に通報し、国外追放にできるようにしようという法案が考えられています。最初から法を犯してこの国にいるのだから、それ以上犯罪を起こす人たちはこの国において置けないというのでしょうね。これに対してはヒスパニック系の人から歓迎の声も聞こえています。

というのはヒスパニックの人たちが経営する店をねらった犯罪も後をたたないために、犯人が違法移民であれば国外追放してもらったほうが彼らにとっても住みやすいというのが正直なところなのでしょう。

しかしもちろん歓迎の声だけが上がっているわけではありません。違法移民を追放しようとして警察官が権利を悪用して無理に逮捕、連邦移民局に連絡、そして国外追放というシナリオが出来上がっていくのではないかという声。外見を見て移民と判断された人たちが差別の待遇を受けるようになるのではないかという声。そして家族全員が違法移民で、一家の主人が国外追放になったら残された家族はどうなるのだろうか、その人たちの生活費はアメリカ国民の税金で賄うことになるのだろうかという懸念の声が上がっています。

数ヶ月前にサンサルバドルから移民してきた家族の家の庭で十字架が燃やされる事件がありました。そしてこのような殴り書きが残っていたそうです。

‘Same country? Maybe. Same neighborhood? No way.’

この家族が毎日の生活にとても不安を抱いているのはいうまでもありません。

テロリストのアタックで自分たちの安全にとても不安を感じているのでしょうか、外国人に対しての許容度がもしかしたら下がっているのかもしれませんね。そこに持ってきて自分たちの仕事が海外に流れ出してリストラにあったり、低賃金で懸命に働く移民の人たちに仕事を奪われているような気がしたり、街中に英語ではない看板が増えてきたりすると反感を持つようになるのかなぁ。

いずれにしてもこの移民問題も、ホームランドセキュリティーのためという命題がつくことが多いです。ホームランドセキュリティーのために国境をきちんと守らなくてはならない。ホームランドセキュリティーのために違法移民を国外退去させなくてはならない。ホームセキュリティーのために入国管理を厳しくしなくてはならない。言われてみればそのとおりのことですが、ホームランドセキュリティーと移民問題がここまで絡み合って政府が取り組むとアメリカ国民はさらに不安におちいってしまいます。

ホームランドセキュリティーのためなら、もっと連邦移民局のいい加減さを何とかしないと現場の状況は悪化するばかりです。その辺をアメリカ人はもっと知らないとダメなのですが、移民局は彼らには関係ありませんからね。どれだけ移民を申請している人のファイルをなくしたりしているか知るはずがありません。

ヒスパニック系の人たちが言ったことです。 「仕事をしてもらい時には両手を広げて迎え入れるけれど、何かがあると追い返そうとする。」

「Welcomeという玄関マットはあるものの、鉄条網で飾られたマットだよ。」

Please click!
スポンサーサイト
- | 09:42 | - | -
コメント
from: かいね   2006/09/26 12:41 PM
初めまして。ホームランドセキュリティーで検索して、ここに来ました。

私の彼氏も今ホームランドセキュリティーに参加しています。
理由など詳しい事は私もよく分かりません。
あと7ヶ月間、基地内にいなくてはならないみたいで、私ももっとこの事について知りたいなとも考えてはいるんですが、どうしたらいいのか分からないのが現状です。

アメリカでの事がたくさん書いてあるようなので、これからもちょくちょく遊びに来てみたいと思ってます^^
from: hime   2006/09/26 9:33 PM
かいねさん、おはようございます。

大変ですね。ホームランドセキュリティーに参加していらっしゃる彼のことが心配でしょう。派兵になることはないのですか? 圧倒的に兵士が足りないからナショナルガードから兵士を送るなどこれからまた兵士を大量にイラク、アフガニスタンに派遣することも政府は考えているようですよ。(ごめんなさい、よけいな心配をさせてしまいましたね。)

どうぞ遊びにいらしてくださいね。

from: かいね   2006/09/27 12:29 PM
コメントありがとです^^

派兵とかになることもあるんですかね??
日本にいると、アメリカの事とか多少はニュースでも聞いたりはしますけど、なかなか…

なので、かなり心配はしてます><
彼曰く、通信関係の事を学んでいるんだよとは前に教えてくれましたが…不安ですねぇ〜

けどあと7ヶ月したら、一緒に住む予定なんですよ♪なので、ここでちょっとでもお勉強しなきゃという感じです。

これからも色々な情報配信して下さいね。 
楽しみにしてます。
from: hime   2006/09/28 8:57 AM
うーん、派兵は私もならないように願っていますが、これからの政権が戦争に対してどういう姿勢をとっていくかでしょうね。彼も派兵される可能性はあるのですか?

7ヵ月後が楽しみなのですね。アメリカで一緒に住むのですか? 大変でしょうががんばってくださいね。私にわかることならいつでもお手伝いしますからね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/768
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.