The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
大変だった引越し
デラウェア州から別の州に引っ越しました。ブログのタイトルを変えようかと思いましたが、それも面倒くさいのでちょっと考え中です。

それにしても今回の引越しは大変でした。家を売るための修理、手直し、そして引越しの実際の仕事といったいどうなるのかしらと思いましたが何とか一段落です。数日間休んで荷物の積み下ろしに体力を回復します。

今回、荷造りにかかった日にちが約2日間。そして車輪が18輪あるトレーラーに積み込むのに1日費やされました。

7日の月曜日、8時半に来るはずの引越し業者が10時になっても姿を現しません。私が日程を勘違いしていたかしらと青くなってオフィスに電話を入れると、女性が「今日のはずよ。ちょっと待ってね」と電話を保留。1分位して「道が混んでいるから遅れるみたい」といとも簡単に言ってのけてくれました。それから待つこと30分。男性が3人やってきました。3人がすべての作業をし、トレーラーを運転し、荷物の積み下ろしもするということでした。

14日の月曜日に引越し先で荷物を下ろす予定でしたが、彼らに伝わっていた情報は16日の水曜日が積み下ろしの日というもの。あわてた主人は運送業者に電話。埒が明かないために会社に電話。(転勤なのですべて会社を通しての作業になっています。)戦ったあげくに真ん中の15日の火曜日ということになりました。引越し業者間での連絡がきちんと取れていなかったようです。同じことが1ヶ月前に引っ越した家族にも起こっていたと聞きましたから意外と日常茶飯事なのかも…

7日の朝来るのが遅いものだから昼食を食べる時間もなく、かわいそうなのでサンドイッチを買いに行ってランチを提供。夕方は4時くらいに終わる予定が7時まで。8日の日はしっかり時間に来ましたけれどね。

そしてまた問題が。見積もりに来た人が我が家の前の道路にトレーラーをバックさせれば入れると豪語して帰っていったもののパックに来た運転手が言うには「とても無理。」少しはなれたところにトレーラーを止めて小型のトラックで行き来して荷物を運ぶとか…「え?」それってすごく時間がかかることじゃない?と思いながらも仕方がありません。わざわざ小型のトラックに箱やら家具やら詰め込んでから目と鼻の先に止めてあるトレーラーで下ろしてまた積み込んでいました。2倍の作業。でも道路が狭いから仕方がない。

よけいな作業もあり、パックしたり荷物を運んでいる1人の青年の機嫌が見る見るうちに悪くなっていきました。それを見かねたリーダーらしき人が、

「サボってばかりいたらこの仕事はできないぞ」
「いい加減にしろ。まじめに仕事をする癖をつけないと食べていけないぞ」

と怒鳴っているではありませんか。事情を聞くとその青年はリーダーのいとこに当たるそうで、おばあちゃんに頼まれたものだからリーダーも嫌とは言えずに一緒のグループに入れて働いているとか。しかしだいぶ頭にきている様子。気の毒に思いながらも我が家の荷物は大丈夫かしら?と不安が頭を持ち上げてきました。

そして最後の日9日。いつになっても終わりません。青年はサボってタバコを吸っているし。終わったのは夜の11時近く。待っている私たちもへとへと。次の朝早くに起きて掃除をして大型のごみを捨てて、昼過ぎには出発しなくてはならなかったのに夕食もろくに食べられませんでした。

きわめつけ。引越し直前の家の掃除をして、(あとでプロのお掃除やさんにきてもらう予定だったのですが、たつ鳥あとを濁さず、です。)出かけようとしたときに庭の木の近くに落ちていたのがタバコの吸殻と家にあった新しいチャッカマンのパッケージ。そういえば積み込めないといわれて洗面所においてあったチャッカマンがなくなってはいたなと思ったけれど、忙しくて深く気にもとめなかったら彼がタバコに火をつけるために持って行ったらしい… 小さなものだからいいけど、でもそれってもしかしたら泥棒? 

そうそう、子供の部屋の見回りをしたら捨てるはずのたんすの引き出しの中に次男の枕が1つずつ2段に入っていました。次男に聞いたら、「枕はベッドの上においておいたよ。どうしてたんすにしまうのさ」といわれてしまいました。そうですよね。枕はたんすにはしまいません。

また、皆がトレーラーに戻ってからもリーダーは家中を見回りラジカセを持ってきました。そして 「これって積むんですか?」あまりに気の毒で、
「車に積んでいくから大丈夫」といいましたが、彼は怒っていましたね。

ということでとにかく大変な3日間でした。それ以外にもいろいろなことはあったし。でもとにかく引っ越し荷物が家を出て、自分たちの新しい土地についてホッとしています。でも、こんないい加減な人たちに自分の大切な荷物を預けるのは心配です。リーダーの人はとてもしっかりしていました。責任感もあり、自分が一番一生懸命動いていました。しかし使っている一人の青年が足を引っ張ったらそれはリーダーの責任になってしまいますからね。チャッカマンと枕の件は一応彼に伝えようと思います。責める気持ちはありません。しかしリーダーとしたら知っておかなくてはならないことだと判断したからです。

また新しい場所からのブログを書きます。これからもよろしくお願いいたします。

Please click!
スポンサーサイト
- | 08:12 | - | -
コメント
from: とまる   2006/08/12 11:16 AM
himeさん、お疲れになったでしょう
体力、気力共に回復されますように、お祈りいたします

荷物が到着したら、また忙しくなりますものね
しっかり、休養してくださいね
from:   2006/08/12 10:16 PM
ありがとうございます。
少しイライラが収まったようです。それにしても引越しは本当に大変ですよね。しばらくはしたくありません。それにこのストレス太り、どうしてくれよう。動いて脂肪を落とすしかないかな…

荷物が届いたらまたがんばります。
from: endunham   2006/08/12 11:06 PM
himeさん、お疲れ様です。
引越しは、ホント大変ですよね。アパートだったらまだしも、大きなお家からの引越しは重労働ですものね。
落ち着いたら、またウィットに富んだご当地話を楽しみにしてますよ。
お体にお気を付けて〜。
from: リウマチばあちゃん   2006/08/13 1:11 PM
himeさん、お疲れさま。
引っ越しは本当に疲れますよね。体力はもちろん気力も必要ですし。
おまけに日本では考えられないようなルーズさとも戦わなくてはならないし。
どうかゆっくりお休みになって下さい。
新しい町の様子を又ブログで紹介して下さるのを楽しみにしています。
from: Nao   2006/08/13 9:57 PM
himeさん、お引越し第一弾お疲れさまでした。うちも荷物到着日は予定より遅れましたけど、アメリカだしそんなものなのかと思ってました(笑)

でも昼食まで用意されるなんてすごいですね。自分はチップを渡すべきなのかどうかでも悩みました。チップを渡したときの感じでは、普段はチップをもらっていないようで異様に喜んでいましたが。。。あとは飲み物を用意したくらいでしょうか。なにせ暑い中作業するんですから大変ですよね。

日本も同じでしょうけど、実際に作業する人たちはアルバイトみたいな人たちと、正式な社員の人一人が基本みたいです。私のところに来た引越し屋さんの一人の黒人さんは、これでアルバイトしながら学位をとってるって話してました。

ともかく全てがスローでイライラしましたけど(あまりに遅いので運ぶのも手伝いましたし)、これがアメリカ式なんだと思ってます。(間違ってますか?)

ともかく無事にお引越し済まれることお祈りしております。
from: hime   2006/08/13 11:33 PM
endunhamさん、こんにちは。

いやぁ、なんか2度と引越しはしたくないというよりも、とにかく自分でできることは自分でしたほうが楽、という気がしている今日この頃です。もちろんとても責任感を持ってしっかりしてくださる方もたくさんいるのですけれどね。

新しい場所での様子をしらせますね。
from: hime   2006/08/13 11:37 PM
リウマチばあちゃんさん、こんにちは。

ご心配頂きありがとうございます。引っ越すだけならよかったのですけれどね、そのあとの掃除はもちろん、家具が動いたあとのペンキ塗り、家具がぶつかってへこんだ壁の修理、ベッドルームにカーペットをしきに来てくれた職人さんとの連絡などなどそれを半日で済まさなくてはならなかったのがきつかったです。でも、もう終わったから考えるのはやめようと思っています。

同じアメリカでもきっと異なる文化に触れられると思っています。これからもよろしくお願いいたしますね。
from: hime   2006/08/13 11:43 PM
Naoさん、おはようございます。実はタイムゾーンが違うのですよね。そろそろNaoさんの場所では、今日はかもしれません。

「アメリカ式」ですね。なるほど、その通りかもしれません。ただ時間に押されているときにはそれはつらい。ここのところその「アメリカ式」にやられているというか、攻撃されているので守りに入っているような気がします。(笑)

そういえば、新しい場所でのブログは始められないのですか?
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/749
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.