The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
TOEICを受けてきました。
どんなものなのか一度受けてみようと思っていたTOEICを今日、受けてきました。受験者は20人くらいかな、日本人が一番多かったようです。それから韓国の人、あとはインドの人、ポーランドの人そしてブラジルだったかな。エアコンがぶんぶんまわってキンキンに冷えた教室での受験でした。

エアコンはあまりにうるさいのでリッスニングのテストの間はスイッチを切り、途中で受験者が「暑い」といえばインストラクターがスイッチを入れ、また別の人が「寒い」といえばスイッチを切るといったなんだか落ち着かない中でのテストでした。外はとても蒸し暑くテストが終わる頃から雷がごろごろ、稲光がしていましたし。

問題はあまり難しいとは思いませんでしたが、リッスニングの終わりのほうの問題が非常にトリッキーなのが気になりました。それを聞き分ける力があるかどうかをテストするためなのでしょうが、実際に会話をしていたら聞き逃したら聞き返せばいいし、聞き返す「話す力」をテストすることなくあれだけのリッスニングで偏らないのか気になりました。

受けていらっしゃる方も多いでしょうから、詳しいことは書きませんが、どうもあまり英語を聞く力がない人、ちゃんと聞いていない人を引っ掛けるような問題が多かったように思いました。最初から最後まで集中して聞かないと、途中で「〜だけど」と打ち消してさらに新しい情報を与えられている問題、また呼びかけでしか名前が出てこないのに話が終わってみたら名前が答えになる場合など、うーん、気に食わないなと思いながら受けていたら、途中で集中力が切れてちゃんと聞かなかった問題が2つもありました。あはは、間違えたに違いありません。ちょっとでもボーっとしたら聞き逃してしまいますものね。

子供たちの小学校入試問題を思い出しました。記憶の問題。年代が高い受験者にとっては記憶力と集中力でのハンディキャップがほしいです。

そう、それから最初に写真を見て答える問題。全然難しくないのに、写真を説明する文章が4つ読まれて正しい説明を1つ選ぶ問題で「アヒルが水際にいる」という文章が流れてきたのでつい、わかりにくい写真を凝視しながらアヒルを探してしまいました。もしかしたら私がきちんと見ていないのかしら、と思って。そうしたら次に正しい答えが出てきたので、関係ないアヒルを探していた自分がむなしく(?)なりました。なんだか「ウォリーを探せ」をやっていたみたい。

正しい文法も必要だけれど、もう少し読む力と、言い回しへと範囲を広げたほうがよいようにも思いました。あのリッスニングの細かさはアメリカ人に受けさせてみたらおもしろいと思います。もちろん聞く力はあるけれど、ちゃんと集中して人の話を聞く人、あまりいませんからね。「あれっ」と聞き逃す人、少なくないんじゃないかな。

あのテストの結果が就職を左右するとなると、テストの重さというかプレッシャーを感じて普段ならできる問題も間違えてしまったりするでしょう。語学がどれだけできるかを点数で出すことは難しいし、何ができて何ができないかを見極めるのも簡単なことではないですが、何か尺度がないと採用する側も困ります。しかしそのためのテストというには偏りすぎて、あまり実務的ではないかな… というのが私個人の印象でした。2週間後にスコアが送られてくるそうです。ちょっと楽しみです。

Please click!
スポンサーサイト
- | 08:43 | - | -
コメント
from: とまる   2006/07/17 8:40 PM
結果が楽しみですね

私もいつかは受けてみようと思うのですが・・・全然、今は問題外です
ひっかけ問題みたいなのには、すんなり引っ掛かりそうですね(笑)
まだまだ、遠い先の話だと思いますけど・・・(お金の無駄になると思うので・・・)
from: hime   2006/07/18 5:55 AM
結果はちょっと楽しみ半分、恐ろしさ半分です。うっかりさんで有名な私なので(笑)

でも、受けてみて初めて「へー、こんなものなのか」と思うところもたくさんありましたので、受けてみられるのもおもしろいかもしれませんよ。考えすぎないように受けるのがコツです。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/734
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.