The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
配達は一日に14軒
今日、ベッドが届きました。35度の気温の中、滝のような汗を流しながら家の中に運び込んでくれました。本当は火曜日に来るはずのベッドでした。

火曜日は屋根を張り替えた日。ベッドの配達の日程を知らせてくれたお店の人にその日は屋根の張替えの日だからおそらく家の前の道路はバンでいっぱいになるだろうし、重い家具を運ぶのは無理だと思う、といったにもかかわらず電話の人は「大丈夫、問題ない」の繰り返し。「本当に大丈夫かしら」と思いながら待っていた火曜日。家の上からは屋根が次から次へと降ってくるしとても家具など運び込める状態ではありませんでした。

結局その日はトラックの運転手の人が「運び込めそうにないから別の日にして欲しい」というので今日になったのです。その日私はベッドカバーも取りベッドが運び込みやすいように朝から準備していたのに、またベッドの作り直し。2度手間でした。

そこで今日やっとベッドが来たわけですが、組み立ててもらいほっとしたのもつかの間。おいていった箱の中を見ながら主人が
「パーツが残っているよ」と一言。

いやーな気分になった私は作り方説明書を見る主人を眺めるだけ。そのうち

「支えになるクロスバーがついていない」というではありませんか。

そういえば、運んでくれた青年が言っていました。毎日14軒の家に配達していると。14件と簡単に言っていましたけれど、ニュージャージー州の倉庫から隣のデラウェア州、ペンシルバニア州に運ぶのに場所によっては軽く1時間は車でもかかります。運び込む時間そして組み立てる時間を足していったら一日14件に配達するなんてかなり大変。あっという間に荷物を運び込み、電動スクリューでねじを止めてすごい速さでベッドを作り上げていきました。時間に追われているのでしょうね。

経費削減できっと1人の人が配達しなくてはならない軒数がふえているのではないかしらと勝手に想像しています。でも家具の価格を低価格に抑えるためにはどこかでコストを減らしていかなければいけませんものね。そうすると1軒にかける時間が減るからあまり必要ではないような部品の組み立ては省いていくのも仕方がないのかも。(客側から言わせてもらえば仕方がないで済まされたくありません。)

しかし配達してきた人たちをあまり責める気にはなりません。それよりも上の方で時間、人材をマネージしている人たちに文句が言いたい。机の上で経費を削減すると実行するのはずっと下のほうの人たち。そしてその人たちはいくらでも代わりが見つかるからといってこき使うのはやめていかないと… (低価格で宣伝しているWalmartがこの方針です。働きたい人はいくらでもいるから、わざわざ働く環境をよくすることはしないそうです。)

そしてベッドの話しですが主人が店に文句の電話をかけたら、

「1年間の保証がついているから別にいいでしょう。」ですって。

保証がついているからってそんなに簡単にいって良いものなの? そのたびにいちいち新しいものと交換していたらそのほうがお店にとってはずっと損だと思うけれどな。どこかおかしい。ものを大切にしようと思わないのかしら? こういう文化が定着していきそうで怖いです。本末転倒というのかな。

そういえば家具を配達してきた人たち。ベッドを作っている間もずっとトラックのエンジンは回しっぱなし。とにかく今日はヒートウェイブの始まりで暑かったからエンジンを切ったら車の中が暑くなったのだろうけれど、ガソリンが高い高いと騒がれている中での無駄遣い。それに二酸化炭素がたくさん排出されていると思うと走っていってトラックのエンジンを切りたくなりました。

ちょっといい加減なサービス、態度、受け答えにうんざりして疲れている私です。
Please click!
スポンサーサイト
- | 10:39 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/733
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.