The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
mixi, myspace
お友達を作りましょうと、日本ではmixi、そしてアメリカではmyspaceというウェブサイトが若者には大人気のようですね。自分の写真、年齢、住んでいる場所、通っている高校までごていねいに載せている子供たちもいます。それを見るのは自分たちと同じような年齢だけだと思っているのでしょうかね?

お友達からの紹介ではないと入れないこのウェブサイトですが、大人たちは策を弄して、年齢をごまかして若者のサイトに入ろうとしています。たまたま自分の娘のmyspaceのページを見たあるお父さん。娘の挑発的な写真に怒り娘を叱ったかと思えばところがそうではありません。このお父さんどうやったのか自分を偽り娘のページに紹介してもらい、娘とお友達になったそうです。もちろん娘は自分のページに招待した18歳の少年が自分の父親とは知りません。

どこか出会いましょう、なんて約束したら笑えるのに。きれいにおしゃれしてうきうきしながら出かけていったら待っているのは自分の父親だったなんて想像するだけでもおかしい。しかしこれが父親だからまだ安全だけれど、どこの誰かもわからない犯罪者だったら本当に怖いこと。この辺がまだまだナイーブな10代の子供たちです。

犯罪者がこのようなウェブサイトを引っかかりそうな女性を探しながらサーフしているのも危険なことですが、それよりもこのようなウェブサイトばかりに行って、実際の人間との交流、付き合いがない人間が増えていくことを想像するのも鳥肌が立つ想いです。こんなウェブページでお友達が何人増えたところで、それは「お友達」の定義には属しません。単なる「知り合い」です。「知り合い」がたくさんいたって大切な「お友達」が実際に作れないのでは自分が将来困ることを家族が教えてあげないと…

そんな「知り合い」の人数で競い合うなんてバカらしいことをどうしたらわかるのでしょうね。Mixi,myspaceなどのサイトに行くなというわけではなく、時間を制限していくことを教えていかないといけないですよね。それでなくても携帯を手から離せない年代ですから。(なんてひとまとめにしたらだめですか?)自分の権利を主張して時間を使うことが許されるのは、自分の行動に責任を持てることが前提のはず。自分勝手に時間を使ってあとで後悔してももう遅いのです。

時間を有効に使わなくてはいけないことは小さいときから教えたいことです。もしお金を無駄に使ってしまってもがんばって貯金すればお金は残ります。しかし無駄に使ってしまった時間はもう取り戻すことができないのです。ためておくこともできません。使えるときに使わないとその時間は過去のものになってしまいます。16歳の時間はその瞬間だけ。あとで、16歳のときにこうしておけばよかったとどんなに思っても戻れません。繰り返しますが、お金はがんばれば取り戻すことは可能です。

なんか、自分の考え方、生き方をしっかり持って生きて欲しいと願うのは難しいことになってきているのでしょうか?常に人とのかかわりをしていないと不安というのは言い返せば自分に自信がないということにつながりませんか? アメリカではself esteem が低いとこのような症状(?)を起こすと言われています。自分に自信がないために常に人からのフィードバックがないと心配でいられないということなのでしょう。

自分の中身を知ってくれるほどおしゃべりをして、同じ時間を共有してそれから友人というものはできていくものですよね。その友人を何人持っているか、指折り数えてみてください。

Please click!
スポンサーサイト
- | 08:37 | - | -
コメント
from: とまる   2006/05/19 10:02 AM
himeさん、おはようございます

お父さんが18歳の少年になりすましてって笑えますが、嫌ですね
時間は大切に使わなければ・・・といつも思いますが反省ばかりです(なかなか思い通りにはなりませんけど)
色々なものがありすぎて、無駄が多くなってるのかもしれませんね




from: hime   2006/05/19 10:12 AM
とまるさん、こんばんは。

時間を大切にって本当に難しいですよね。私だってえらそうなことを書いていますが結構サボっていますからね(笑) でも、心の中でまずいぞという気持ちがある文まだましかと思ったりもします。(まずいと思いながらサボるのもどうかしらね?)

気をつけないとあっという間に時間はすぎていきますからね。子供の年齢を考えるとぞっとします。どんどん大人になっていく彼らに、もう少し小さいままでいて欲しいと何度思ったことか…
from: lily   2006/05/19 1:01 PM
himeさんおひさしぶりです。

今日のentryすごく共感できます。
お金は取り返せるという点が今までの自分の考え方にまたひとつ味わいを与えてくれるものとなりました♪

若いときに使うお金は投資として惜しまず使うのもありかもしれませんね♪
from: hime   2006/05/19 9:06 PM
lilyさん、おはようございます。お元気ですか?
準備は進んでいるのでしょうね。

ありがとうございます。つい子供たちに言っているような気持ちになって説教口調になってしまうのが私の悪いクセです。

でもね、このとしになってつくづく感じるのですよ。時間の大切さを。だからこれからもがんばろうって。

「投資」大切ですよ!
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/691
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.