The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「高慢と偏見」(Pride & Prejudice)
ブログの横に紹介しているこの小説。大好きなほんの1冊。何度も読み返しました。作者はJane Austen。古いイギリスを舞台にした恋愛小説。とてもロマンチックな小説なのでぜひ読んでみてください。何度も映画化されていますが最新の映画は私のお気に入り。ちょっと主人公のエリザベス・ベネットがイメージが違うけれども、女優さんとしては彼女は好きなのでまぁ、いいかなと。

家柄、風習を重んじる昔のイギリスです。発音はもちろん、使われている言葉もアメリカ言葉とはかなり違います。Queen’s Englishと呼ばれる英語でしょう。おそらくこの時代のイギリスではアクセントでその人のクラス社会がわかったと思われます。上流階級に生まれた子供たちは選ばれた生まれの子供たちが通うイートン校などの名門校に通い、そこのアクセントで英語を話すようになり、村の学校に通った学生たちはその地域のアクセントで話すようになるという仕組みだそうです。

5人娘を持つBenett家のすぐ近くに金持ちの独身の男性, Mr. Bingleyが居を構えました。(定住するための家ではないのですが)自分の娘のうちの誰かがその男性と結婚してくれることを望む母親は希望に胸が膨らみます。長女Janeと男性は恋をしますがJaneの気持ちを察することのできない男性の親友, Mr. Darcyが結果的に二人を引き離すことになります。Mr. Darcyは気づかぬうちにBenett家の次女Elizabethを愛するようになるのですが…なかなか自分の気持ちも伝えられないし、Elizabethも頑固なところがあり彼を受け入れられない。

経済的な理由もあり娘を金持ちの男性にと継がせたい母親の心とちょっと間抜けた言葉、しぐさ。一家でただ一人男性の父親がそれを見守ります。時にはタジタジしながら。

メグ・ライアンとトム・ハンクスが出た「 You’ve got mail」の映画の中でもこの本はメグ・ライアンが良く話題にします。「何度も読んでいつもMr.DarceyとElizabeth Benettが結ばれるかドキドキするの。」というせりふもあります。その気持ちはよくわかる…

単なる恋物語であるように見えながらその後ろに家族の問題、誤解、イギリスの社会の姿も見えてきて本当に読み始めるととまらない作品です。アメリカ英語を読みなれている私にはとても新鮮。かなりイギリスかぶれしそう。

Please click!
スポンサーサイト
- | 10:33 | - | -
コメント
from: lily   2006/04/24 6:37 PM
Jane Austen大好きです。pride and pejudiceもtryしたのですが、難しくて途中までで止まってしまいました。映画を見る前に絶対読むぞ!と変に意地っ張りになっています。(笑)また再チャレンジしてみます♪
from: hime   2006/04/24 8:27 PM
lilyさん、おはようございます。

デラウェアの今朝は雷雲があちらこちらに現れて暗い空模様です。それがすぎると良い天気が待っているようですが。

がんばって読んでくださいね! 一度読みきるときっともう一度読みたくなると思います。ついでに日本語訳との読み比べも面白いかも…
from: Lisa   2006/04/24 8:45 PM
himeさん、ありがとうございます。
というのも最新の映画を字幕なしに見ましたが
筋はわかるものの細かいニュアンスなど不明なところもあり、himeさんの記事でクリアになりました。
景色や服装、文化などとても好きでした。
今度は本に挑戦してみましょう。
from: hime   2006/04/24 9:04 PM
Lisaさん、おはようございます。晴れてきましたね。

Lisaさんも見られました?良かったですよね、あの映画。何回もみてしまいました。

ぜひ本も読んでみてください。引き込まれてしまうと思いますよ。あの本のロマンチックさを経験してしまうと、テレビ番組の予告編で「ロマンチックドラマ」なんていうのがまったくおかしく聞こえてくるのですよ。

やはり、これは一度お茶をしなくてはいけませんね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/658
なんともメグ・ライアンらしい〜、というか、とってもチャレンジャ〜。象を触りながら
タイで長期休暇−観光ビザで旅するタイのブログ | 2006/05/22 3:02 PM
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.