The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
映画、American history X
アメリカン・ヒストリーX アメリカン・ヒストリーX

次男から「絶対見たほうがいいよ」とすすめられたDVDを先日見ました。人種差別の映画であることはわかっていましたが細かい内容は知らずに。

映画のレビューを書く人は内容をそれとなく書きながらポイントは上手にはずせます。内容まで書いてしまうと見る楽しみはなくなるしかといってなぜ見たほうがよいかをきちんとかけなくてはならないしとても難しい…

前書きはこれくらいにして… 白人優越主義者のスキンヘッドの青年たちのリーダー的存在である男性が殺人事件を起こし刑務所に。そして出所してきた彼の様子と、高校に通う弟の心の流れを絡み合わせた映画です。時々流れるせりふにずっしりとした重みが感じられるものがありぜひ見ていただきたいと思います。

アメリカはたくさんの人種が集まり生活しています。この映画の中の情景はスクリーンの上だけのものではなくアメリカ国内のあちらこちらの場所で実際に起きていること。人種差別が違法とされている今ではここまであからさまではないにしてもまだまだ起きている出来事です。どうかそれを忘れずに…

何が人を人種差別に駆り立てるのか、どうしてそのような感情を持ち続けるのか、単純な答えはありませんが「ああ、こういうこともあるのね」と考える材料を与えてくれます。私たちが日常感じる差別の気持ちがどこから来るのか、なぜ不思議にも思わず信じ続けるのか。理論的に考えればこれほど根拠もなく理不尽なことはないはずなのに、人間の心を蝕む差別の意識。

これは何も皮膚の色に限りません。国籍、学歴、収入、職業と私たちが人を差別する材料はどこにでも転がっています。毎日の生活の中で気をつけないとつい色眼鏡で人を見がちになります。心がけていなくてはいけませんよね。

Please click!
スポンサーサイト
- | 11:59 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/567
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.