The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
Bush大統領の演説
Bush大統領が’State of the Union’(年頭教書)のスピーチをしています。私はRepublicanでもDemocraticでもありません。ただ、Mr. Gの言っていることが納得できないことは多々あります。今回もスピーチを聞きながら次のようなことを考えました。

いったいこの人はどの国の大統領なのだろう? アメリカはもしかしたら世界のあちらこちらに植民地を持っているのではないだろうか、時代が逆行しているのかしら?

だって、「イランは核を持ってはいけない。(アメリカは持っています)」「イラクはアメリカが自由を導いた。みんな喜んでいる。」(それは見方によります。)
「アフガニスタン、パキスタンはテロリストをアメリカと一緒に見つけ出さなくてはいけない。」(ついこの間も爆撃して一般市民を殺してしまいました)
「ハマスは武装解除しなさい。イスラエルを認めなさい。さもないと援助は打ち切る」(民主主義で選ばれた結果が気に入らないからといってそこまで言っていいのかな?)
他の国に向かって指示というか注文をする権利はいったいいつから持ってしまったのでしょう? うーん、どこかおかしい。

次に内政に話しがいきました。これもなんだか聞いていてお盆の上にあまりにたくさんの料理を載せてバランスが悪くて今にもひっくり返りそうになっている料理人のようです。次から次へと「こうします」「ああします」「こうするべきです」「こうしなくてはいけません」と出てくるのでどのような優先順位があるのだろうか、方法は?言っていることを実行できる可能性は? とかえって「大丈夫?」と思わせるような内容でした。

「国の安全を強化して9/11のようなテロリストアタックは2度とないようにする。」
「仕事を変わっても健康保険をそのまま維持できるシステムを作る」
「税金のカットを約束する」
「石油に頼りすぎているから革命的なクリーンエネルギーを使う。」
「ガソリン以外で走る車の開発に力を入れる。ハイブリッドだけではなくて別の材料の開発を手がける。」
「不法移民の問題が大きくなってきているけれど、この国は移民の労働力なくしてやっていけない。システムを考えないといけない」
「アメリカ国民は教育レベルが高く、よく働き、創造性が高い。数学と科学の分野に力を入れて他の国と競合できるようにしていこう。」 などなど…

税金をカットして予算はどのようにキープするのでしょう。ガソリン以外で走る車はとてもよいアイデアだけれど、価格が下がらないと貧しい州はハイブリッド車は買えないよ。移民者の労働力がないとやっていけない割に海外に仕事をアウトソースして労働者から文句が出ているよね、教育レベルを高くするのはいいけれど、貧富の差はどうするの?アメリカ国民の貯金率は年々下がっていく一方なのに、健康保険、年金はどうするの?

おいしいことを並べて最低と言われる支持率を上げようという努力は認めてあげたいけれど、あの大統領ならばやってくれるという信頼を勝ち取るには時間がかかるでしょうね… とにかく国土が大きい国ですからね。違う意見を持つ人がたくさんいても仕方がないし。それをまとめていく大統領はご苦労様かな。

please click!
スポンサーサイト
- | 12:34 | - | -
コメント
from: endunham   2006/02/02 10:13 PM
こんにちは。
私は、今回のブッシュ大統領のState of Unionは見ませんでした。もう、うんざりっていう気持ちが強かったので、彼のスピーチを見ようが見まいが何も変わらないな〜と。
それにしても、『アメリカ国民は、石油中毒』って...彼の家柄は、石油で稼いだ家柄ですよね。自身もかつて石油業ビジネスに投資して、失敗したと小耳に挟みました。
やっぱり彼の言ってる事って、非現実的な事ばかりですね。また何か大きなスキャンダルで、今度こそ辞任に追い込まれないかな〜と願わずにはいられません。
from: hime   2006/02/02 10:38 PM
endunhamサン、おはようございます。
私はMr.Gは好きではないのですが「怖いもの見たさ」でしっかり見てしまいました。しかし彼の大風呂敷はTexanならではといったら怒られるでしょうか。

石油で稼ぎ、武器輸出の会社に関与して富をなした人たちですからイラクからは引けないでしょうしね。

諸外国の問題に口を挟む前にとにかく自分の国が抱えている問題(雇用の確保、移民問題、健康保険のシステムの確立、教育の向上、書き出したらきりがない)に解決の糸口を見つけてからにしないと、すべてに収拾がつかなくなりそうな気がします。

しかしそれでは誰が?というとまた微妙な問題ですよね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/530
事故、事件、紛争、はたまた芸能、お笑い。 海外のニュース、時事で気になったことを何でも書いてください。
共通テーマ | 2006/02/01 5:07 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.