The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ホームレスが増えている
デラウェア州でホームレスの増加が問題になっています。今までのホームレスは麻薬中毒、アルコール依存症などが原因で仕事がない人たちがホームレスでしたが、現在のホームレスの人たちは仕事を持っている人がほとんどなのです。しかも家族を持つ人たちのホームレスの数の増加が目立ちます。

寒さの中、施設も満員で道路で眠ることを余儀なくされたホームレスの人たちに死亡者が出ています。この冬でもう9人が亡くなったそうです。

ホームレスの定義が政府の機関によって異なるのではっきりとした数字がつかめないのも頭痛の種なのですが1000人から5000にもその数は上るといわれています。原因は仕事のアウトソーシングが進む中アルバイト的な仕事にしかつけない人が増えていること、家の賃貸料が高いことが考えられます。定職についていない人には人々は家を貸したがりません。その人たちを収容する施設のスペースにも限度があります。

また、人々は自分の家の周りの不動産価格が下がるのを非常に嫌います。前に記事にしましたが、異なる経済レベルの人たちが同じ場所に住むことがほとんどないこの地域では、同じような広さ、古さの家が並びます。その中に1軒だけ手入れをしていない家があるとその一帯の家の価格が下がるのです。それを住人たちはいつも気にしています。自分で家を売る気がなくてもまわりの家が売れたときにどれくらいの価格がついたのか調べます。このような理由から定職を持たない人に人々は家を貸したがりません。

子供がいる家族を対象にするベッドルームが2つあるアパートの平均賃貸料が$800です。アルバイトの収入が1時間6ドル50セント(最低賃金です)では単純に計算して124時間働かなくてはなりません。(実際には6ドル50セントから年金などを引かれます)それ以外にもちろん食費、光熱費が必要なのですから家を借りることがどれだけ大変なのかわかります。病気、怪我そして子供が小さければ親の片方は子供の世話をするために仕事には就けません。

そのような家族を助ける寄付金が政府から出ていはいるのですが年々額が減っており、デラウェアの南の州では数年前には8万ドルの予算がもらっていたのに今ではそれが3000ドルに減っているといいます。とにかくあちらこちらで予算削減の声が聞かれる今、ホームレスの数はますます増えそうです。

Please click!
スポンサーサイト
- | 06:43 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/525
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.