The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
おふくろの味ーComfort Food
前回、Winter Bluesの記事を書きました。落ち込んでいるとき、さびしくなったとき、疲れているときに求める食事のことをComfort Foodと呼びます。いわゆる「おふくろの味」でしょうか。

アメリカ人の「おふくろの味」にはこのようなものがあります。ミートローフ、マカロニ&チーズ、マッシュポテト、フライドチキン、キャセロール(野菜、肉、チーズなどを深めのさらに入れてオーブンで焼きます。マカロニ&チーズもこの中に入るかもしれません)そして忘れてはいけないチキンスープ。生まれ育った場所、親たちが移民してきた国によって好みに多少の違いはあるのでしょうが、これがアメリカ人がめげたときに求める食事です。(あまりめげそうにないアメリカ人でもやはり人の子ですからね。結構めげるのですよ)

TVディナー、冷凍食品が出始めた時期にはその魅力に取り付かれたのと、忙しさのあまり食事を作る時間を犠牲にして家族でテレビの前を囲んでいたアメリカ人が、ここのところこの「おふくろの味」に戻ってきています。それだけ今の社会にストレスが多いのか、もしかしたら家族で手作りの食事が並んでいる食卓を囲む暖かさ、小さいときに過ごした家族との時間を懐かしく感じているのかもしれませんね。家に戻って食事を出来ない人たちのためにこの様なメニューをサーブするレストランも増えています。

食事は一日に3回、決して人の生活とは切り離せないものです。食事が人々の心に与えるインパクトはわたしたちが考えているよりはるかに大きいのでしょう。

あなたの「おふくろの味」は何ですか?今度、子供たちに聞いてみようと思います。主人も考え込んでいます。
Please click!
スポンサーサイト
- | 07:17 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/512
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.