The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「言葉」によるマインドコントロール
どこかのテレビ局での解説者の方の言葉。一語一句を覚えているわけではありませんが、
「どのテレビ番組を見ても極端に言えばそのニュースを疑ってかかる事が必要です。私達は知らないうちに言葉のマインドコントロールにかかってしまうのです。」とこのような事をおっしゃっていました。

そう、そのとおりですよ。それでなくても日本の番組は出演者の人数が多すぎて次から次へと情報のたれ流し。出演者の方々も唯識者の方からなぜ、この人が出ているのだろうと思うような人までが席を埋めています。出演料をまかなうためには広告をより多くとらなくてはならないだろうし、そうするとコマーシャルがふえるし、すると番組内容がどうしても薄くなるし…なんていうのはいわゆる下司のかんぐり?

どこかのテレビ局で「ワイン1杯飲むと血行がよくなる」というと次の日にはワインの売り上げが、「ココアがいい」というとココアの売り上げがあがるそうですよね。それだけテレビの影響力が強いという事、言われた事をそのまま鵜呑みにする視聴者がどれだけ多いのかがよくわかります。

事実と推測、もしくは推論との区別がつけられなくなると危険です。テレビで流れた事をそのまま真正直に受け取り信じてしまう事がもたらすマインドコントロールを考え直す必要がありますよね。新聞、インターネットでは文字は文字。言葉に表情はありませんがテレビではキャスターの表情、身振り手振り、声の抑揚によって受けとり方も変わります。とくにコメントがはさまれるとまるでその人のコメントがニュースとして伝えられている事実の一部として受け取られかねません。これは怖い。しかもそのコメントがニュースに関する知識がある人ならともかく、そうではない人からのコメントだとどこまで正しいかを差し引いて聞かないとニュースがニュースではなくなってしまいます。

どの番組もバラエティー番組化している今、ニュース、ドキュメンタリー、クイズ、スポーツ、お笑いなど、どこかで一線を引く必要が出てきますね。どこまでが事実でどこからが人の考えなのか、誰の意見なのかがあいまいになると自分の中で情報を処理するのが今以上に困難になってしまいます。しかも日本語と言う言語があいまいな言語ですからよけいに何が事実なのかわかりにくくなるのは当然です。

結局、視聴者が賢くならなくてはいけないということですか… 
スポンサーサイト
- | 09:20 | - | -
コメント
from:   2005/09/25 10:58 AM
ヒメさん。アメリカから初めてコメントさせていただきます。この記事と前回の記事(台風)は私が日本の報道番組に対して違和感を感じていたことと同じだと思いました。本来ニュースは事実を客観的に報道するものであって感情や意見を入れるべきではないと思います。(例外として新聞の社説とか署名記事がありますが)絶叫というのはレポーターが事実を冷静に伝えられない未熟さの裏返しというのはいいすぎでしょうか。こちらにいてニュースでレポーターの絶叫が記憶に残っているのは9-11で貿易センタービルが倒壊した時だけです。スポーツ番組にしても絶叫が日常茶飯事なのはケーブルテレビのプロレスぐらいだと思います。また民放の報道バラエティーというのですか、何人もの人がわけ知りに意見を言っていますが専門家でない人が(勿論その道、スポーツとかファッションとかでは専門なのでしょうが)特定の時事問題に関してどこまで知っているのか、そして自分の意見にどこまで責任を持っているのか疑問です。さらに日本では「美人」「女子アナ」というのが人気がありますよね。芸能番組ならまだしも報道番組や天気予報まで「美人・女子アナ」というレッテルがなぜ必要なのでしょうか?大学を卒業して狭き門をくぐって「社会の公器」であるマスコミに就職されたプロに対する呼び名とは思えませんが。(アメリカならあっという間に訴えられますよね)情報の送り手も情報の受け手ももう少し冷静に立って欲しいと思います。日本は叡智にたけた国なのですから。
from: hime   2005/09/25 11:58 AM
コメントありがとうございます。日本が魅力ある国でいられるために何が必要なのか真面目に考える時期に来ているようですね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/209
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.