The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
デジカメは持ち歩いているのだけれど・・・
自分のブログを見ていてどうも表情に欠けると思ったら、写真が全くないではないですか。これではいけないと、CDやらパソコンの写真ファイルを開いてみたけれど、デラウェアの風景を撮った写真など1枚もありません。新しい写真を撮ればいいじゃないと、ここ数日出かけるときには必ずデジカメを持ち歩いてはいるけれど、ほとんど写真が撮れないでいます。なぜかって?いくつかの理由があるけれど、一番の理由は私が出かけるときには私が車を運転しているから信号に止まった時以外はシャッターが押せません。それにデラウェアの法律で右折の時にはたとえ信号が赤でも車が来ていなければ進んでいいから油断はできないです。(信号が矢印の赤の時、信号が青になるまで右折禁止と明記してある場合は除きます)これでは困るので、長男に運転してもらい私が助手席で写真をとることにしました。しかし表通りは時速80キロくらいで走っているし、裏道でも60キロは出ているので上手くシャッターチャンスがとらえられません。「ちょっとゆっくり走ってくれる?」と言っても後ろに車がいればそれも無理。きれいな風景があっても車を止める場所はない。かといって歩ける距離は限られているし、変な場所を歩いていると走り去る車の運転手たちに胡散臭い眼で見られることは間違いありません。歩いている人はまったくと言ってよいくらい見ません。(朝早く家の近所を散歩するおばあちゃんたちは別。)
悪いことには、9/11以来、、写真を撮ることに政府がとても神経質になっています。隣の州ニュージャージーを結ぶデラウェアメモリアルブリッジがあるのですが、橋の上での写真撮影は禁止としっかり書かれています。だから場所によってはカメラを向けるのをためらってしまうのです。でも私は今日もデジカメを持って歩いています。
やっと、一枚納得がいく写真を次男が撮ってくれました。家から車で3分くらい走ったところにある湖です。秋になると紅葉した気が湖面に映りとても美しくなります。
スポンサーサイト
- | 03:03 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://my-usa.jugem.jp/trackback/13
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.