The First State からの贈り物

The First Stateのデラウェア州から南部に属するテネシー州に引っ越しました。北東部とはまた違ったアメリカの姿、ニュースを盛りだくさんにお知らせします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
     
MAIL
     メールをこちらまでどうぞ      個人的なご質問などありますときにはこちらへどうぞ。

アドレスは know_usa@yahoo.co.jp です。

私のブログとあまりに関係ない内容のものは独自の判断で削除させていただきます。
           
RECENT TRACKBACK
カウンター
counter ブログパーツUL5
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
そんなに急いでどこに行く
航空会社の倒産が続くなかで生き残りをかけるエアラインたち,乗客は「安全、良いサービス,低価格のチケット、正確な離発着の時間」なんて夢のようなことを求めているし、いったいこれからどういう方向へ向かっていくのでしょうね。 悪天候などでおくれてきた飛行機は,大急ぎで乗客を降ろして,次の目的地に新たな乗客を乗せて飛び立とうとします.おくれればおくれるほど乗客の不満が増えるどころか,乗り継ぎ便を逃す客の応対に追われることになりますからね. しかし,荷物を預けるとなくされる可能性が多いし,出てくるのを待つのがいやな乗客たちはできるだけキャビンに荷物を持ち込みます.指定された大きさぎりぎりでゴロゴロがついたあの小さなスーツケース。しかし,飛行機によっては頭の上の荷物を収容するところに縦に入れることができずに横に入れなくてはならない場合も.そうなると収容できる荷物の数も自ずから少なくなるでしょう?  無理に押し込もうとする乗客。目的地に着いたら早く降りたいからできるだけ前の方にすわりたい.窓側の席しか空いていなくても通路側,真ん中にすわっている人に一度立ってもらってからその席に座ろうとする乗客、自分の席を決めて安心してゆっくりと荷物を収容させようとする人たちで(サウスウェストエアラインでは席が決まっていません.空いている席に自由にすわれます)飛行機に乗り込もうとする乗客の列はなかなか短くなりません。すると飛行機を速く離陸させたい乗務員はだんだん不機嫌に... 「できるだけ予定の時刻に到着するように努力したいから席を見つけて早く着席するように」というアナウンスもどんどん聞かれます. やっとみんな,なんとか席に着いて離陸。それから数時間後に目的地に到着するわけですが,飛行機が地上についたとたんに,まだ「ベルト着用サイン」月いているのに,乗客たちはモソモソ,モジモジ。待ちきれずにベルトを取って立ち上がってしまう人も何人もいたりするのですよ。するとまたちょっと怒り気味のアナウンスが... 「ベルト着用のサインはまだ消えていないのだから,きちんとすわっていてください!」 飛行機がゲートに着いてピンポーンという音とともにサインが消えると,みな「それっ」とばかりに立ち上がり、まだドアも開いていないのに,荷物を抱えて狭い通路にれつを作ります.こんなせまい飛行機の中でそんなにあせったって進める距離は知れているのに...と思うのですが,まぁ,いそがしいスケジュールで動いている現代人ですからきっと一分一秒を争う生活をしているのでしょう。ドアが開いたら大変です.みな,ものすごい勢いで出て行きますもの.(次の飛行機に乗る時間が迫っている人は当然ですけれどね。) ああいう人たちを一番ラッシュがひどい時間帯に新宿のホームにおいてみたい欲望にかられるのは私だけでしょうか? あの人たちがどういう行動をとりたいか見てみたい。飛行機の中だけでなく前へ,前へ,と行きたがるのかしら? それとも前へ行かなくてイライラするのかしら? それともあきらめるかな? 
記憶力が鈍ってる
携帯電話の普及にともない人間の記憶力が鈍っているとか。だれもが知り合いの電話番号からメールアドレスまで携帯に記憶されているので、おぼえる必要がないのでしょうね。だから携帯を忘れて出かけたらもう大変。なんだか片足か片腕を忘れて出かけたみたいな気持ちになります.特に待ち合わせの場所におくれそうになったときなどもう大変。 しかしこんなことで良いのだろうか。人間は「考える力」があるから他の動物たちとはちがった生活ができているはずなのに... カーナビも私たちが地図を見る力を失わせているのだろうし。
愛国心ね。
アメリカ人に人気のNascar racing というのがあります。レースによってですが同じコースの中を200周なりまわって順位を争うものです。別にヘアピンカーブがあるわけでもないし街中を走るわけでもなく上から見たらモデルカーが出来上がったレーシングコースの中をくるくる回っているようなもの。どこがおもしろいの? という声も聞こえないわけではありませんが、ESPNで毎週レースの中継がありレース場は満員、チケットを手に入れるのも大変な場合もあり想像を超える人気を保っています。実は私も大ファンなのですが。

くるくるまわっている車を見るだけなのですがやはりそこはプロのドライバーたち、駆け引きは目を見張るものがありますし、チーム同士の戦術も見られてなかなかおもしろい。もっとも「ずる」をすることもまるで当たり前のように思われているようだからその「ずる」と「フェア」の境界線のぎりぎりの部分を上手に駆け抜けていく…

これまでこのNASCAR を走るのはアメリカ車ばかりでした。フォード、GM,クライスラーなどの車だけ。日本車、ヨーロッパ車は今まで走ることがありませんでした。ところが今年からTOYOTA がレースに参加することになり人々の反応はさまざまです。

「NASCAE はアメリカの車のレースだから他の国の車が走るのはどうかと思う。」

「別によいのではない? 私たちは車のレースを見て楽しむのだから。」

そうかと思うと「アメリカ車ではない車がこのレースに入ってくるのは愛国心にかけている」という意見も。どうしてここで「愛国心」という言葉が出てくるのかよくわかない、というのが私の気持ちなのですが…

今の自動車業界の業績の悪さ、そしてアメリカが過去のある時点まで自動車産業の中心であったことを考えるとその時代を生きていたアメリカ人がアメリカの伝統(?)のレースに日本車が参入していくことに抵抗があるのかもしれない。ノスタルジーからの反感とも思えるし、成功していくTOYOTA を認めたくないという気持ちがあるとしても仕方がないのかもしれない。

クライスラー社は人員削減、工場の閉鎖を発表しました。クライスラー者で働く人たちの将来への不安は言葉にならないものがあると思います。なぜ日本車が人気があるのか、どうしてアメリカ車は売れないのかを根本的に考えないとアメリカの自動車産業はこのまま衰退していくのでしょう。しかし、アメリカに工場を置いている日産、トヨタだってこの辺を研究しておかないとアメリカの自動車会社のあとを追っていくかもしれません。車のスタイル、機能、価格はもちろんですが、車を製造するのに携わっている人間について考えないとどんなに戦術が良くても「車」という製品を作るのは人間ですからね。製造過程でどこかでいい加減な作業がはいったり、何か中途半端なことをしたら結果の「車」に欠陥が出ることは明らかです。その辺、アメリカに工場を置く日本車の会社が持つ大きな課題なのでしょうね。

話がそれました。NASCAR と愛国心ですが、最後にキャスターの次のようなコメントで締められていました。

「TOYOTA の車はケンタッキーにある工場で100%製造されているから、アメリカ車のようなもの。それに比べてたとえばFord のFusionはFord車として走ってはいるけれどパーツから何から製造されているのはアメリカではなくてメキシコ…」

Please click!
不法移民にもクレジットカード
アメリカの銀行のクレジットカード、またデパート、他の店でのクレジットカードを作るときにもソーシャルセキュリティー番号とそれまでのクレジットヒストリーが考慮されるので、海外から派遣されてきた駐在員はなかなか新しいクレジットカードを作るのが困難です。

アメリカの会社のかなりトップの地位でアメリカに転勤してきた外国人たちですらこの国でクレジットカードを作ることを拒否されプンプン怒っているのを見たこともあります。彼らがどれだけ金持ちで本国できちんとしたクレジットヒストリーがあってもこの国では認められないんですよね。

ところがメキシコからの移民の人がふえるにつけておそらく需要が増えたのでしょう。ある銀行では不法に入国してきた移民にも、ソーシャルセキュリティー番号がなくても、この国でのクレジットヒストリーがなくても銀行のカードを発行、さらには家を買うためのお金を貸し出すことも試み始めています。3ヶ月間その銀行に口座を持ち、残高が必ずプラスであることを条件にしていますが。

私たちは銀行の口座を開くときにもソーシャルセキュリティー番号を要求されたので、それを持っていない人たちがなぜ銀行に口座を開けるのかという疑問は残ります。

メキシコからの人達はアメリカで働いたお金の何割かをメキシコに残してきた家族に送金します。銀行としては口座を開いてもらうことでそこからメキシコへの送金も確保できるということなのでしょうね。

それでなくても違法移民に対しての国の対策はまだ先が見えない状態です。アメリカ全体としての政策が決まらないどころかそれぞれの地域によって不法移民に対しての態度は異なっています。ナッシュビルは市機関で使われる言語は英語に統一するという法案が通っています。また別の地域では違法移民の人に対する差別、暴力の話も聞かれています。

移民の人達の労働力で成り立っているといっても過言ではないアメリカですが、不法移民の人数を減らすためにゲストウォーカーというシステムをとろうとしているブッシュ政権、またメキシコと国境に移民が簡単に入ってこれないように高い塀を作ろうとしているいくつかの州、政府が何もしてくれないからといって自分たちでパトロールするグループを作って違法に入国してくる移民を取り締まろうとしている市民たち。不法移民を雇うことを不法としている州…

そこに不法移民の人達が便利にアメリカで生活していけるようにクレジットカード、住宅ローンまでのサービスをしようとしている銀行。なんだかやっていることの目的がばらばらですよね。

アメリカは民主主義、資本主義の国ですから、銀行は自分たちの利益を追求することはもちろん許されています。また、違法移民の人達が働いてくれるからいろいろな事業がスムースに運んでいることも事実。しかし政府が不法に入国してくる人のことをillegal と予備そこで罪を犯していることを知りながらそういう人たちに銀行側がアメリカに落ち着けるようなサービスをするというのもおかしな話だと思います。

いっしょうけんめい働いている移民の人たちの価値を認めないわけにはいかないし、かといって不法に人々を入れることもできないこの国のジレンマをまた1つ垣間見たような気がします。

Please click!
言葉を選ぶ
民主党から大統領候補指名戦に名乗りを上げたデラウェア州の上院議員、ジョー・バイデン氏が同じ民主党から出馬しているイリノイ州上院議員のバラック・オバマ氏を形容して、

“the first mainstream African-American who is articulate and bright and clean and a nice-looking guy”

と言ったことが論議にあがっています。私から見たらどの言葉が悪いのかもさっぱりわかりません。オバマ氏を悪く言う言葉も差別視する言葉もないのに… と思っていたら大間違い。Articulate という言葉、辞書を見ていただけるとおわかりだと思いますが、「きちんと言いたいことを明確に言葉にできる、発言できる」という意味を持っています。その何が悪い…?

このarticulate という言葉、白人の間で使われるときには「ほめ言葉」として使われます。だから白人の人に向かってならば使っていけない言葉ではないのです。しかし黒人の人に向かって使うときにはこの言葉の裏に隠れている意味? というか言外の意味があるそうなのです。

黒人の人に “You are articulate.” というと歴史的に「黒人の人にしては」という意味が裏に存在するのですって。というのは昔、黒人の人には自分の意見を明快に言葉にして発言する能力があまりないと思われていたからだそうです。そういう能力がない黒人にしては「しっかりした話ができる」という意味を持っているのにその言葉をいまだに使うのは言葉に対して繊細ではない、知識がない、とまでは言わないにしても何割かの黒人の人たちは「またか」という思いを持っているようです。「同じことを言わせないで欲しい」といううんざり感もあるような…

他にもこのように裏の意味がある言葉はどれくらい存在するのでしょうか? 外国人にはここまでの知識を要求されても困る…かな。言葉の裏にもこのような人種差別があったのだな、とまたまたこの国における差別の根深さにビックリ。

アメリカ人でない私だからこんなことを思うのかもしれませんが、もしかして昔そのような裏の意味があった言葉でも、そろそろその裏の意味をなくすことを考えたらどうなのかしらって感じています。差別した側、差別された側の傷の深さは全然違うのでしょうが、うしろを見てばかり、歴史的にこういうことがあったと言っていたら溝は埋まらないですよね。

まぁ、大統領選にでようとする人の言葉だからここまでニュースになったのでしょうが、一般人が使っても黒人の人に不快感を与えていることは結構あるようです。実はバイデン氏がこの’articulate’ という言葉をオバマ氏を形容するのに使いましたがその数日後に同じようにブッシュ大統領もまったく同じ言葉でオバマ氏を形容しました。なぜかこちらはあまりニュースになりませんでした。ブッシュ大統領、チョッと胸をなでおろしているかも。

Please click!
お金をもうけたい…?
日本人の文化としてあまりお金のことを話題にしない、ストレートに家の価格などを聞かない、自慢しないという部分があるように思います。私はそういう文化がとっても好きなのですが、アメリカに住みいろいろな国の人と出会うとお国柄を感じます。(ステレオタイプ化しては行かないことはわかってもどうしてもパターンが見えるときってあるんですよ。)

今、アメリカ人の小さな子供たちから若者までに自分が会社のCEOになることがデザイナーブランドの洋服よりもスポーツで有名になるよりもかっこよいと思っている人達の数が急増しています。昔から夏になるとデベロップメントの入り口などにレモネードスタンドを作りお小遣いを稼ぐ姿は見られたものですが…

近くのお店で買い物をしたときに12,3歳くらいの女の子がお母さんと一緒にお店に入ってきました。てっきり買い物客だと思ったらそうではなくて自分が焼いたクッキーを売りにはいってきたようでした。店主と二言三言話をして店から出て行きました。

「何度も何度も来てうちのお店のお客さんに無理にクッキーを売りつけようとするか来ないでくれって行っているのにしつこく来るのよ」若い女性店主はチョッと怒り気味。娘についてくる母親は「自分の娘は起業家よ。」と自慢していましたね。

またクリスマス、サンクスギビングあけの大バーゲンのときにゲームソフト、DVDを格安で仕入れてすぐにeBay で売りもうけている子供たちもいます。地方都市に住む人たちが喜んで買うので、時には買った値段の2倍で売れるとか。プレーステーションだってそうやって売買されているのですからあまり驚くに値しないかもしれませんが…

中には学校の遠足のバスに飲み物を持ってくるのを忘れた友人たちに売るために水のボトルをたくさん持って乗り、買った価格にもうけを足して売る子供たちも少なくないようです。友人相手に金儲けは、とつい思ってしまうんですけれどね… でも、需要と供給が成り立っているのだからそこに商売が成り立つのは自然の成り行きなのかしら。

ひどい場合には宿題、レポートを友達から頼まれて書いてあげるアルバイトもあります。 宿題の大きさによりますが20ドルから100ドルのお金が動いているといいますから驚きます。親が知っているのかどうかは知りませんが高校生で100ドルのお金がそうやって簡単に動くのだから、知っているのかなぁ… 自分の子供が勉強しないでお金をはらってほかの人に書いてもらったら将来困るのは自分の子供のはずなのですが、大学に進学するときのエッセーをプロに書いてもらうことを子供にすすめる親もいますからどっちもどっちかな。そんなことして大学に入ったって勉強についてけるのかわかりませんがとりあえずはいればこちらのものと思っているのでしょう。

動機、方法は横においておいて小さいときからお金に対しての感覚を鋭くしておくことはとても大切という考えが主流のようです。未来のビル・ゲイツ、ドナルド・トランプになりたいと思っている子供たちは多いのでしょうね。(できたらビル・ゲイツの方が私としては良いのですが…)

「お金に働いてもらう」という論理を書いた「金持ち父さん、貧乏父さん」という本もありましたが、お金を稼ぎそれを元手に次のステップを踏んでいく子供たち。創造力はもちろん、行動力がなくてはなりませんし、親たちから「そんなこと恥ずかしいからやめなさい」「そんなことに時間を使っていないで勉強しなさい」という言葉があまり聞かれない環境も必要でしょうね。。またそれが始められる知恵、お金、手段がそろっている人達だけ。ここにも特権階級があるのかもしれません。

Please click!
環境問題を考えてみたけれど…
ブッシュ大統領の念頭所信演説の中にオイルに依存している生活から抜け出ること。ガソリンの消費量をこの先10年間の間に20%削減すること、またコーン、サトウキビから作るエタノールガソリンの開発に力を入れることなどが盛り込まれていました。

そのブッシュ大統領はデラウェア州にある化学会社を演説を行った次の日に訪れました。エタノールガソリンがどのようにつかられるかの簡単な講義を受け、また自分の政策に協力をしてくれる会社に感謝の意を評したそうです。

環境保全を考える政策を打ち出したブッシュ大統領は立派ですが、ワシントンからデラウェアまで飛行機で30分。その空路をエアフォースワン、ボーイング747で往復。そこで使ったガソリンの量はどれくらいなのでしょうね。しかも空港から会社まで大統領を乗せた車、シークレットサービスを乗せた車など数多くの車で移動。もちろんその間パトカーが出ていろいろな道は止めていたはず。ここでもガソリンが豊富に消費されました。ブッシュ大統領を囲む車の中には一台もハイブリッドカーはなかったと皮肉られてしまったブッシュ大統領。自分からその辺態度で示していかないといけないですね。

またガラッと話が変わりますが、H&Mをはじめとしてかなり低価格で洋服を若者に売ることで人気のブティックが増えています。そういうお店のセールスポイントは合成繊維で作られた商品。洗うときには水でよいし乾きやすいので乾燥機を使わなくても乾くこと。ここは環境に対してやさしいのですが、合成繊維ですから作る工程はなかなか自然、とはいきません。それに価格が安いものですからシーズンが終わったらどんなにその洋服がまだ着られる状態だとしても捨てる人々が多いのですって。よく、他の洋服に作り直せますと言うキャッチフレーズも見るけれど、そこまでしている消費者がどれだけいるのか… つい面倒くさくてゴミ箱へ、といったら資源の無駄使いとごみが増えるだけ。

かといってコットンは水だけで洗っては汚れがなかなか落ちないからお湯を使いますし、しわ、乾きにくさの問題から乾燥機をアメリカ人は使います。(私はしつこく干していますが)そこの部分を考えるとコットンが必ずしも環境にやさしいとはいえないのですよね。食べることではオーガニックとか、いろいろ気を使いますが環境に優しい衣服となるとまだまだ私たちの知識は浅いように思われます。

ファッションを追いたい人たちに安いものを買うのをやめようといったって無理に決まっているし、安いものの方が便利な衣料もあるし… どれがよくてこれはダメ、と言い切れるものではありません。しかし安いものであまり質がよくないものばかりに目が行くよりも、価値あるものがわかる目を育てるのも1つの大人となること。気に入ったものを長く着ることの楽しさも覚えることで満足感が得られることもあるということもぜひわかってくださいね。

Please click!

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.